重賞レース

第1回ネクストスター東日本(SIII)

2024年3月14日 16:30発走予定

レースガイド RACE GUIDE

全日本的なダート競走体系整備に伴い、兵庫チャンピオンシップを頂点競走として、各主催者・各ブロックにネクストスターが新設された。東日本ブロックは浦和・船橋・川崎競馬場の持回り重賞競走とし、 施行初年度は令和6年3月に川崎競馬場で実施する。文字通り次世代の短距路線のスター輩出の期待が掛かる。【1着馬に兵庫チャンピオンシップJpnⅡへの優先出走権を付与】

コースガイド

最初の1コーナーまでの距離は約300。コーナーが非常にきついため緩やかなペースで進入することが多くハイペースになりづらい傾向。息も入れやすいため、基本的には内枠の逃げ・先行馬が有利。

  • 分析
    レポート

  • 参考
    レース動画

  • 重賞
    直前情報

  • レース
    レポート

  • 歴代
    優勝馬

新設レースで、ネクストスター誕生の予感

新たな競走体系構築により2024年から3歳馬短距離路線の頂点競走として位置付けられる兵庫チャンピオンシップ(JpnII・園田1400m)に向け、南関東3競馬場(川崎・浦和・船橋)にて持ち回りで実施される事になった重賞級認定競走。
地方全国交流戦だが、JRA所属馬として出走歴のある馬には出走資格が無い。
参考となるレースが無いため、1,600m戦ではあるが近10年同時期に行われていた3歳1組(2014年~うぐいす特別、2018年~椿賞・つばき賞=クラウンカップトライアル・2019年に準重賞へ格上げ)を元に考えてみる。
ちなみに1973年以降川崎1,400mで重賞が行われたのはJBCスプリント(2012年・2016年)のみである。

1・2番人気のどちらかを中心に選びたい

1番人気は3勝2着2回3着2回、2番人気は2勝2着3回3着1回とまずまずの成績で、2021年以外はどちらかが馬券に絡んでいる。
一方で6番人気以下が2勝2着2回3着4回と穴を開けており、一捻りが必要だ。

【単勝人気別成績】(うぐいす特別、椿・つばき賞 過去10回)

  1着 2着 3着 着外 連対率 複勝率
1番人気 3 2 2 3 50.0 % 70.0 %
2番人気 2 3 1 4 50.0 % 60.0 %
3番人気 1 0 1 8 10.0 % 20.0 %
4番人気 1 2 2 5 30.0 % 50.0 %
5番人気 1 1 0 8 20.0 % 20.0 %
6番人気以下 2 2 4 60 5.9 % 11.8 %

船橋所属馬を連軸に選び、川崎・浦和から相手を吟味したい

地元川崎所属馬は出走頭数が多いながらも4勝2着5回3着8回と毎年馬券に絡んでいる。
船橋所属馬が3勝2着4回3着1回で連対率・複勝率はこちらが上。クラウンカップトライアルとなった2018年以降は毎年連対している。連軸選びはこちらか。
浦和所属馬も3勝2着1回3着1回と負けていない。
大井所属馬は雲取賞・京浜盃の間という事もあり、このレースへの出走自体が10年で4頭しかおらず馬券に絡んでいない。
但し、今回は地方全国交流競走となるため勢力図が変わる可能性もある。

【所属別成績】(うぐいす特別、椿・つばき賞 過去10回)

  1着 2着 3着 着外 連対率 複勝率
大井 0 0 0 4 0.0 % 0.0 %
船橋 3 4 1 16 29.2 % 33.3 %
浦和 3 1 1 12 23.5 % 29.4 %
川崎 4 5 8 56 12.3 % 23.3 %

距離短縮で7・8枠が有利になりそう

2枠が3勝2着3回(2018年は出走取消)と断然の連対率、これに続くのが1枠で1勝2着2回3着1回となっているがクラウンカップトライアルとなってからは、1・2枠合わせて1勝2着2回と今ひとつ。
それなら今回1コーナーまでの距離が短い1,400m戦になる事と合わせ、ここ6年で2勝2着1回3着3回の7・8枠の方が有利か?

【枠順別成績】(うぐいす特別、椿・つばき賞 過去10回)

  1着 2着 3着 着外 連対率 複勝率
1枠 1 2 1 6 30.0 % 40.0 %
2枠 3 3 0 3 66.7 % 66.7 %
3枠 1 0 2 9 8.3 % 25.0 %
4枠 1 1 0 11 15.4 % 15.4 %
5枠 1 0 1 14 6.3 % 12.5 %
6枠 0 3 1 15 15.8 % 21.1 %
7枠 3 0 3 14 15.0 % 30.0 %
8枠 0 1 2 16 5.3 % 15.8 %

前走重賞出走組・浦和出走組に注目

クラウンカップトライアルとなってからの近6年は前走重賞競走で掲示板を外していた馬が、該当馬が1頭しかいなかった2021年を除く5年で2勝3着3回と巻き返している。
対して近6年で前走が重賞でなかった馬の馬券絡みは、1頭を除いて前走5番人気以内かつ4着以内だった。
例外の1頭は、2018年1番人気1着のサザンヴィグラス(道営で重賞2勝、前走は重賞格上げ前の雲取賞10着)でここでは格が違った。
ここ10年で見ると、前走が浦和の1,400~1,500m戦だった馬が2021・2022年を除く8年で4勝2着3回3着3回と、前走川崎出走組(3勝2着5回3着5回)を上回る成績を残している。
尚、牝馬は1勝2着1回3着2回だが、クラウンカップトライアルとなってからは前走で重賞に出走していた2頭が3着に食いこんだのみである。

ライター:友好春

回数 施行年 馬名 性・年齢 騎手