重賞レース

第69回エンプレス杯(キヨフジ記念)(JpnII)

  • 2023年3月1日 16:30発走予定
14.エンプレス杯

レースガイドRACE GUIDE

国内の牝馬ダートグレード競走でもっとも歴史が長く、2013年にJBCレディスクラシックがJpnIに格付されるまで最高格のレースのひとつだった。1995、96年と制したホクトベガ(JRA)が、97年ドバイワールドカップで、国内の牝馬として海外のダート重賞に初挑戦(競走中止)した。それから24年後、2021年の勝ち馬マルシュロレーヌ(JRA)がブリーダーズカップディスタフを勝利。エンプレス杯勝ち馬が日本調教馬として初の海外ダートGI制覇を成し遂げた。

コースガイドCOURSE GUIDE

2コーナーの出口から発走し、コーナーを6回まわります。2周目の向正面でペースが上がったときに、離されずについていくことができるか。騎手のペース判断も重要になります。

2100m
  • 分析レポート
    分析
    レポート
  • 参考レース
    参考
    レース
  • 重賞直前情報
    重賞
    直前情報
  • レースレポート
    レース
    レポート
  • 歴代優勝馬
    歴代
    優勝馬

1番人気を連軸に絞り込み、高配当待ち

※データは過去10年分(2013~2022年)を対象にした。

■単勝1番人気を信頼

単勝1番人気は7勝2着2回3着1回。3着となった2019年のビスカリアは単勝3.3倍で、オッズが1~2倍台であれば連対を外していない。
2番人気、3番人気もそれぞれ複勝率が60%、50%で、2・3番人気馬が共に馬券圏外となったのは2017年、2018年(共に4・6番人気が馬券絡み)の2回のみ。
昨年こそ1~3番人気で決着したが、2016年~2021年まで6年連続で5番人気以下が馬券に絡んでおり、一捻りが必要。

【単勝人気別成績】(過去10回)

1着 2着 3着 着外 連対率 複勝率
1番人気 7 2 1 0 90.0% 100.0%
2番人気 2 1 3 4 30.0% 60.0%
3番人気 0 2 3 5 20.0% 50.0%
4番人気 1 1 1 7 20.0% 30.0%
5番人気 0 1 0 9 10.0% 10.0%
6番人気以下 0 3 2 65 4.3% 7.1%

■JRA勢が断然も、地方所属馬も健闘

1着・3着は全てJRA所属馬で、2着にも4頭と断然の数字を残している。
一方、地方所属馬は2着に6頭が飛び込んできている。
特に近6年中、2018年を除く5回で大井所属馬が2・4・6・8・8番人気で連対しており注意が必要。
但し、2017年リンダリンダ(北海道競馬から転入)以外は全て元JRA所属馬である。

【所属別成績】(過去10回)

1着 2着 3着 着外 連対率 複勝率
大井 0 5 0 14 26.3% 26.3%
船橋 0 1 0 10 9.1% 9.1%
浦和 0 0 0 8 0.0% 0.0%
川崎 0 0 0 17 0.0% 0.0%
他地区 0 0 0 18 0.0% 0.0%
JRA 10 4 10 23 29.8% 51.1%

■4~6歳が中心

勝ち馬は5歳4勝、4・6歳が各3勝。2・3着も4~6歳で8割を占める。
(JRA所属馬に限ると4歳は3-0-3-9、5歳は4-2-5-8、6歳は3-1-1-2)
後はJRAの7歳馬2頭がそれぞれ2・3着、地方所属となってからのサルサディオーネが7・8歳時にそれぞれ2着のみである。
尚、地方所属の5歳馬は馬券絡みが無い。

【馬齢別成績】(過去10回)

1着 2着 3着 着外 連対率 複勝率
4歳 3 2 3 21 17.2% 27.6%
5歳 4 2 5 26 16.2% 29.7%
6歳 3 3 1 26 18.2% 21.2%
7歳 0 2 1 9 16.7% 25.0%
8歳以上 0 1 0 8 11.1% 11.1%

■5枠が5勝、複勝率なら4枠が46.7%

5枠が5勝2着1回、4枠は1勝2着3回3着3回で、2013・2018年を除く8年でいずれかの枠が馬券に絡んでいる。
逆に2枠(3着1回のみ)、8枠(1勝2着1回3着1回)は冴えない。

【枠順別成績】(過去10回)

1着 2着 3着 着外 連対率 複勝率
1枠 1 1 1 7 20.0% 30.0%
2枠 0 0 1 9 0.0% 10.0%
3枠 1 0 1 8 10.0% 20.0%
4枠 1 3 3 8 26.7% 46.7%
5枠 5 1 0 10 37.5% 37.5%
6枠 1 1 2 15 10.5% 21.1%
7枠 0 3 1 16 15.0% 20.0%
8枠 1 1 1 17 10.0% 15.0%

■TCK女王盃を中心に、牝馬ダートグレード出走馬から

JRA所属馬のローテーションとしてはTCK女王盃4着以内馬が5-1-3-5と好相性。2013・2015・2016年を除く7回で馬券に絡んでいる。馬券に絡まなかった3回はTCK女王盃出走馬がそれぞれ1頭(2・3・5着)のみだった。
クイーン賞出走馬は、1着馬0-2-0-0、2着馬1-0-0-4、3着以下2-0-1-5と着順はさほど気にしなくて良い。
JBCレディスクラシック出走馬は、5-3-3-9で2017年・2020年を除く8回で馬券に絡んでいる。
レディスプレリュード出走馬は、1着馬4-1-1-1、2~3着馬1-1-2-2、4着以下1-0-1-7。2017年を除く9回で馬券に絡んでいる。
地方所属馬で馬券に絡んだ6頭はTCK女王盃またはクイーン賞に出走し、5着以内となっていたか、または5番人気以内に支持されていた。
近6年、上記以外のローテーションで挑んだ馬は2018年サルサディオーネ(3着)、2020年パッシングスルー(3着)の2頭のみで狙いにくい。
騎手では川田将雅騎手が1-0-3-0、森泰斗騎手が中央所属馬に騎乗した時は0-1-4-0と騎乗があれば注意したい。

ライター:友好春

回数 施行年 馬名 性・年齢 騎手
68 令和4年 ショウナンナデシコ  牝5 吉田 隼人
67 令和3年 マルシュロレーヌ 牝5 川田 将雅
66 令和2年 アンデスクイーン 牝6 C.ルメール
65 令和元年 プリンシアコメータ 牝6 岩田 康誠
64 平成30年 アンジュデジール 牝4 横山 典弘
63 平成29年 ワンミリオンス 牝4 戸崎 圭太
62 平成28年 アムールブリエ 牝5 武 豊
61 平成27年 アムールブリエ 牝4 濱中 俊
60 平成26年 ワイルドフラッパー 牝5 C.デムーロ
59 平成25年 ミラクルレジェンド 牝6 岩田 康誠
57 平成23年 ラヴェリータ 牝5 武 豊
56 平成22年 ブラボーデイジー 牝5 武 豊
55 平成21年 ニシノナースコール 牝7 吉田 豊
54 平成20年 サヨウナラ 牝7 岩田 康誠
53 平成19年 トーセンジョウオー 牝6 内田 博幸
52 平成18年 ローレルアンジュ 牝7 的場 文男
51 平成17年 プルザトリガー 牝6 内田 博幸
50 平成16年 レマーズガール 牝4 武 豊
49 平成15年 ジーナフォンテン 牝5 内田 博幸
48 平成13年 オンワードセイント 牝7 勝浦 正樹
47 平成12年 ファストフレンド 牝5 蛯名 正義
46 平成11年 ファストフレンド 牝6 蛯名 正義
45 平成10年 シルクフェニックス 牝6 福永 祐一
44 平成9年 シルクフェニックス 牝5 福永 祐一
43 平成8年 ホクトベガ 牝7 横山 典弘
42 平成7年 ホクトベガ 牝6 横山 典弘
41 平成6年 ケーエフネプチュン 牝4 矢内 博
40 平成5年 パワーシヤレード 牝4 石崎 隆之
39 平成4年 ヒカリカツオーヒ 牝6 佐々木 竹見
38 平成3年 ヒカリカツオーヒ 牝5 石崎 隆之
37 平成2年 スピリツトエビス 牝6 的場 文男
36 平成元年 セリメーヌ 牝5 森下 博
35 昭和63年 ダイタクジーニアス 牝6 佐々木 竹見
34 昭和62年 ムサシタイコー 牝6 秋田 実
33 昭和61年 タケノビクトリー 牝5 山崎 尋美
32 昭和60年 ガールライヒ 牝6 高橋 三郎
31 昭和59年 ゴールドダンサー 牝5 佐々木 竹見
30 昭和58年 ミスハイヤー 牝5 柿本 政男
29 昭和57年 デユールスワロー 牝5 高橋 三郎
28 昭和56年 スターライヒ 牝5 秋田 実
27 昭和55年 ダークハリー 牝5 渡辺 市郎
26 昭和54年 シヤドウ 牝4 橘 真樹
25 昭和53年 カネハツユキ 牝6 山崎 尋美
24 昭和52年 ガバナスイセイ 牝4 高橋 三郎
23 昭和51年 フジノカオリ 牝6 桑島 孝春
22 昭和50年 シヤンタン 牝5 森下 博
21 昭和49年 ミサトクイン 牝4 赤間 清松
20 昭和48年 イケノカエデ 牝7 高橋 三郎
19 昭和47年 ゴールデンスネツプ 牝4 長谷川 茂
18 昭和46年 ヒダカスズラン 牝6 高橋 三郎
17 昭和45年 エビフジ 牝5 高橋 三郎
16 昭和44年 ローレライ 牝6 木村 和男
15 昭和43年 ハヤシゲル 牝4 長谷川 茂
14 昭和42年 ヒガシジヨオー 牝5 佐々木 竹見
13 昭和41年 フミヒロ 牝5 竹島 春三
12 昭和40年 キヨクトー 牝4 須田 茂
11 昭和39年 モリホープ 牝5 佐々木 竹見
10 昭和39年 サバンナ 牝6 松浦 備
9 昭和38年 ヒガシミノル 牝5 佐々木 竹見
8 昭和37年 ムーン 牝6 佐々木 竹見
7 昭和36年 ステツプホース 牝5 松浦 備
6 昭和35年 サンセイカツプ 牝4 武智 一夫
5 昭和34年 コンリユウ 牝5 須田 栄
4 昭和33年 ヴアイオラ 牝5 荒山 徳一
3 昭和32年 イチヨシノ 牝7 長沢 保作
2 昭和31年 ミスアサヒロ 牝7 安藤 徳男
1 昭和30年 ミスアサヒロ 牝6 安藤 徳男