重賞レース

第21回鎌倉記念(SII)

  • 2022年10月12日 20:10発走予定
8.鎌倉記念

レースガイドRACE GUIDE

南関東で実施される全日本2歳優駿JpnIトライアルの重賞は3つあるが、本番にもっとも近い川崎1500mが舞台。地方全国交流となった2007年以降、過去15回の勝ち馬は南関東9頭、北海道6頭。18年ミューチャリー(船橋)、19年インペリシャブル(川崎)はデビューから無敗での制覇。21年の勝ち馬シルトプレ(北海道)も2連勝で臨んでおり、勢いがある馬を狙いたい。【1着、2着馬に全日本2歳優駿JpnI、1着~3着の牝馬にローレル賞への優先出走権を付与】

コースガイドCOURSE GUIDE

ゴール手前300mから発走しコーナー4つを経てゴールイン。地元馬は経験済のことが多い舞台ですが、鎌倉記念の北海道勢にとっては門別とは逆の左回りが鬼門になりがちです。

1500m
  • 分析レポート
    分析
    レポート
  • 参考レース
    参考
    レース
  • 重賞直前情報
    重賞
    直前情報
  • レースレポート
    レース
    レポート
  • 歴代優勝馬
    歴代
    優勝馬

北海道所属馬から1頭選び、固く狙うか穴を狙うか

※データは過去10年分(2012~2021年)を対象にした。

■軸は1・2番人気のいずれか、6番人気以下にも妙味

1番人気は3勝2着3回3着2回、2番人気は3勝2着3回3着1回。2頭揃って馬券圏外に消えたのは2020年のみで、2頭ともに連対を外したのも2014年のみ。馬券の軸はいずれかとするのが良さそう。
しかし相手選びは一捻りが必要か。3・4番人気は共に1勝3着1回、5番人気は2着1回3着2回と物足りない。
それなら2勝2着3回3着3回の6番人気以下に妙味。
1・2番人気が共に3着以内となった6回は三連単4桁配当で収まるが、1頭でも圏外に消えると三連単5桁配当に跳ね上がっている。

【単勝人気別成績】(過去10回)

1着 2着 3着 着外 連対率 連複率
1番人気 3 3 2 2 60.0% 80.0%
2番人気 3 3 1 3 60.0% 70.0%
3番人気 1 0 1 8 10.0% 20.0%
4番人気 1 0 1 8 10.0% 20.0%
5番人気 0 1 2 7 10.0% 30.0%
6番人気以下 2 3 3 62 7.1% 11.4%

■北海道所属馬から1頭選ぶのが鍵

北海道所属馬が計24頭の出走ながら4勝2着4回3着1回と好成績。
北海道所属馬が馬券に絡まなかったのは2014年と2015年の2回のみだが、2014年は北海道から南関東へ転入2戦目のオウマタイムが優勝。2015年は1頭(ナイスヴィグラス、4番人気9着)のみの参戦だった。
ただ2頭が馬券に絡んだのは2012年の1回のみで、どの馬を選ぶかが鍵になりそう。
船橋所属馬も計20頭で3勝2着3回3着1回と負けていないが、出走ゼロの年もあるので出走してくるかが鍵。
地元川崎所属馬は2勝3着5回だが、勝った2頭は4戦全勝だったポッドガイ、3戦全勝だったインペリシャブルで共に1番人気だった。
一方、3着となった川崎所属馬は1・5・7・7・8番人気。穴に一考。

【所属別成績】(過去10回)

1着 2着 3着 着外 連対率 連複率
大井 1 2 0 7 30.0% 30.0%
船橋 3 3 1 13 30.0% 35.0%
浦和 0 1 3 12 6.3% 25.0%
川崎 2 0 5 36 4.7% 16.3%
北海道 4 4 1 15 33.3% 37.5%
他地区 0 0 0 7 0.0% 0.0%

■牡馬が断然

勝ち馬は10頭全て牡馬。
牝馬は2着2回3着2回と劣勢。余程の能力を備えた馬でない限り厳しいか。

【性別成績】(過去10回)

1着 2着 3着 着外 連対率 連複率
牡馬 10 8 8 65 19.8% 28.6%
牝馬 0 2 2 25 6.9% 13.8%

■外枠有利、4枠は恵まれず

馬券に絡んだ数では外枠が有利だが、連対率・複勝率では2・3枠も負けてはいない。
勝ちこそないが複勝率が50%に達している5枠は押さえておきたい。
一方で4枠は連対ゼロ。2016年に3着が1回あるのみで狙いにくい。

【枠順別成績】(過去10回)

1着 2着 3着 着外 連対率 連複率
1枠 0 1 0 9 10.0% 10.0%
2枠 1 1 0 8 20.0% 20.0%
3枠 2 2 0 8 33.3% 33.3%
4枠 0 0 1 15 0.0% 6.3%
5枠 0 3 5 8 18.8% 50.0%
6枠 2 2 1 14 21.1% 26.3%
7枠 2 0 2 13 11.8% 23.5%
8枠 3 1 1 15 20.0% 25.0%

■前走好走馬、特に4勝馬か3戦全勝馬は信頼大

馬券に絡んだ30頭中、前走1着だった馬が19頭。
逆に前走が5着以下だった馬は2頭のみでいきなりの巻き返しは期待しづらい。
トライアルの若武者賞3着以内からの転戦馬が1勝2着2回3着3回と6頭が絡んでいる。
それまでの実績を見ると(北海道・南関東所属馬に限る)4勝馬は5頭が出走し、2勝2着1回3着2回4着以下なし、3戦全勝馬は3頭が出走し、1勝2着1回3着1回4着以下なしと信頼出来るが
4戦以上しての3勝馬は北海道所属馬が4頭で1勝2着1回、南関東所属馬が8頭で3着1回のみ。
2戦全勝馬は9頭で1勝2着1回3着1回と物足りない。
その他では地元川崎の今野忠成騎手がこのレースに好相性(7回騎乗し1勝2着2回3着2回)6・7・8番人気で馬券に絡んだ事もあり、騎乗してきたら押さえておきたい。

ライター:友好春

回数 施行年 馬名 性・年齢 騎手
20 令和3年 シルトプレ 牡2 笹川 翼
19 令和2年 リーチ 牡2 本田 正重
18 令和元年 インペリシャブル 牡2 矢野 貴之
17 平成30年 ミューチャリー 牡2 御神本 訓史
16 平成29年 リコーワルサー 牡2 森 泰斗
15 平成28年 ストーンリバー 牡2 井上 幹太
14 平成27年 ポッドガイ 牡2 矢野 貴之
13 平成26年 オウマタイム 牡2 繁田 健一
12 平成25年 ニシノデンジャラス 牡2 今野 忠成
11 平成24年 インサイドザパーク 牡2 左海 誠二
10 平成23年 ニシノファイター 牡2 小国 博行
9 平成22年 キスミープリンス 牡2 戸崎 圭太
8 平成21年 ナンテカ 牡2 坂井 英光
7 平成20年 ノーステイオー 牡2 左海 誠二
6 平成19年 ヴァイタルシーズ 牡2 左海 誠二
5 平成17年 カネショウマリノス 牡2 今野 忠成
4 平成16年 エスプリフェザント 牡2 久保 勇
3 平成15年 トキノコジロー 牡2 山田 信大
2 平成14年 パレガルニエ 牝2 今野 忠成
1 平成13年 ジェネスアリダー 牡2 桑島 孝春