重賞レース

第71回 川崎記念(JpnI)

  • 2022年2月2日 16:10発走予定
川崎記念

レースガイドRACE GUIDE

新年に国内で最初に実施されるJpnI競走。NARグランプリ年度代表馬に4度輝いたフリオーソ(船橋)や、ヴァーミリアン、ホッコータルマエ、ケイティブレイブ(いずれもJRA)など時代ごとのダート最強馬が勝利している。2020年は地元のヒカリオーソ(川崎)が2着に健闘すると、21年はカジノフォンテン(船橋)が、11年フリオーソ以来となる地方馬の勝利を収めている。

コースガイドCOURSE GUIDE

2コーナーの出口から発走し、コーナーを6回まわります。2周目の向正面でペースが上がったときに、離されずについていくことができるか。騎手のペース判断も重要になります。

2100m
  • 分析レポート
  • 重賞直前情報
  • レースレポート
  • 歴代優勝馬

21年は地方馬が10年ぶりに勝利

※データは、過去10年分(12〜21年)を対象にした。

■1番人気は連対率100%

 単勝1番人気が6勝、2着4回ですべて連対。1〜3番人気のうち2頭以上3着以内に入ったのが9回もあり、上位人気馬の信頼度は高い。なお4番人気以下の2勝も、17年オールブラッシュ(5番人気)、21年カジノフォンテン(4番人気)であり人気薄の馬券絡みはあまり期待できない。

【単勝人気別成績】(過去10回)

1着 2着 3着 着外
1番人気 6 4 0 0
2番人気 1 1 3 5
3番人気 1 2 5 2
4番人気以下 2 3 2 77

■JRA勢が圧倒も2年連続で地方馬が連対

 JRAが9勝、2着9回、3着8回と圧倒。JRAの出走枠が6頭に広がった16年以降、地方馬の3着以内は2頭だけとなっている(21年はJRAの出走5頭)。ただ、その2回は20年2着ヒカリオーソ(川崎)、21年1着カジノフォンテン(船橋)で、地方馬がここ2年は続けて馬券絡みを果たしている。なおJRAでも美浦所属馬の勝利はない。

【所属別成績】(過去10回)

所属 1着 2着 3着 着外
JRA 9 9 8 29
船橋 1 0 2 8
川崎 0 1 0 11
浦和 0 0 0 4
大井 0 0 0 12
地方他地区 0 0 0 20

■複勝率では4歳と6歳

 年齢別では5歳の5勝が最多。21年に地方馬として11年フリオーソ以来の勝利を挙げたカジノフォンテン(船橋)も5歳だった。4歳が出走12頭ながら6頭馬券に絡んで(1勝、2着2回、3着3回)おり複勝率50.0%は最も好成績。1勝、2着6回の6歳が同43.8%で続く。
 JRA馬に限っても4歳と6歳は優秀で、複勝率でそれぞれ83.3%、70.0%。4歳は出走6頭中5頭が馬券に絡んでおり出走していればぜひ押さえたい。

【年齢別成績】(過去10回、カッコ内はJRA所属馬)

年齢 1着 2着 3着 着外
4歳 1(1) 2(1) 3(3) 6(1)
5歳 5(4) 0 2(2) 13(10)
6歳 1(1) 6(6) 0 9(3)
7歳 3(3) 2(2) 3(2) 15(7)
8歳以上 0 0 2(1) 41(8)

■ダートGI/JpnI出走経験が重要

 過去3走がすべてダートのGI/JpnIだった馬が【5-6-2-2】で15頭のうち11頭が連対、13頭が馬券に絡んでいる。JBCクラシックJpnI→チャンピオンズカップGI(13年まではジャパンカップダートGI)→東京大賞典GIという王道だけでなく、20、21年は3走前が帝王賞JpnIだった馬が連対。4歳で2着の15年カゼノコは3走前がジャパンダートダービーJpnIだった。
 また過去3走のうち2走がダートのGI/JpnIだった馬も5頭が3着以内。21年3着ダノンファラオはJBCクラシックJpnI→浦和記念JpnII→東京大賞典GIというローテーションだった。
 なお、前述の条件に当てはまらない馬のうち前年の名古屋グランプリJpnIIで連対していた馬が出走7頭で1勝、3着3回の成績を残している。
 3着以内に入った地方馬4頭は、12年3着フリオーソ(船橋)が過去3走がすべてダートのGI/JpnI、15年3着サミットストーン(船橋)は前走の東京大賞典GI・3着、21年1着カジノフォンテン(船橋)は同2着とJRAと互角の実績があり、トライアルの報知オールスターカップ(川崎2100m)組は20年2着のヒカリオーソ(川崎)しかいない。

ライター: 栗田勇人

 

回数 施行年 馬名 性・年齢 騎手
70 令和3年 カジノフォンテン 牡5 張田 昂
69 令和2年 チュウワウィザード 牡5 川田 将雅
68 平成31年 ミツバ 牡7 和田 竜二
67 平成30年 ケイティブレイブ 牡5 福永 祐一
66 平成29年 オールブラッシュ 牡5 C.ルメール
65 平成28年 ホッコータルマエ 牡7 幸 英明
64 平成27年 ホッコータルマエ 牡6 幸 英明
63 平成26年 ホッコータルマエ 牡5 幸 英明
62 平成25年 ハタノヴァンクール 牡4 四位 洋文
61 平成24年 スマートファルコン 牡7 武 豊
60 平成23年 フリオーソ 牡7 戸崎 圭太
59 平成22年 ヴァーミリアン 牡8 武 豊
58 平成21年 カネヒキリ 牡7 C.ルメール
57 平成20年 フィールドルージュ 牡6 横山 典弘
56 平成19年 ヴァーミリアン 牡5 C.ルメール
55 平成18年 アジュディミツオー 牡5 内田 博幸
54 平成17年 タイムパラドックス 牡7 武 豊
53 平成16年 エスプリシーズ 牡5 森下 博
52 平成15年 カネツフルーヴ 牡6 松永 幹夫
51 平成14年 リージェントブラフ 牡6 吉田 豊
50 平成13年 レギュラーメンバー 牡4 松永 幹夫
49 平成12年 インテリパワー 牡6 張田 京
48 平成11年 アブクマポーロ 牡8 石崎 隆之
47 平成10年 アブクマポーロ 牡7 石崎 隆之
46 平成9年 ホクトベガ 牝7 横山 典弘
45 平成8年 ホクトベガ 牝7 横山 典弘
44 平成7年 アマゾンオペラ 牡5 石崎 隆之
43 平成6年 サクラハイスピード 牡7 佐藤 隆
42 平成5年 ハシルシヨウグン 牡6 鈴木 啓之
41 平成4年 トーシンイーグル 牡5 矢内 博
40 平成3年 ダイコウガルダン 牡7 早田 秀治
39 平成2年 ロジータ 牝5 野崎 武司
38 平成元年 アエロプラーヌ 牡5 的場 文男
37 昭和63年 トミヒサダンサー 牡6 松代 真
36 昭和62年 カウンテスアツプ 牡7 的場 文男
35 昭和61年 カウンテスアツプ 牡6 的場 文男
34 昭和60年 カウンテスアツプ 牡5 的場 文男
33 昭和59年 ダーリンググラス 牡7 牛房 栄吉
32 昭和58年 カネシヨウスーパー 牡6 内田 勝義
31 昭和57年 ダーリンググラス 牡5 本間 光雄
30 昭和56年 ゴールドスペンサー 牡6 本間 光雄
29 昭和55年 ゴールドスペンサー 牡5 本間 光雄
28 昭和54年 タガワエース 牡5 高橋 三郎
27 昭和53年 エフチリン 牡6 桑島 孝春
26 昭和52年 プラスワン 牡5 田部 和廣
25 昭和51年 ヒデノアラシ 牡5 佐々木 竹見
24 昭和50年 マルイチダイオー 牡5 角田 次男
23 昭和49年 ゴールデンスネツプ 牝6 長谷川 茂
22 昭和48年 ネロ 牡5 高橋 三郎
馬流行性感冒により開催中止
21 昭和46年 リユウトキツ 牡5 佐々木 吉郷
20 昭和45年 アポスピード 牡5 須田 茂
19 昭和44年 アシヤフジ 牡6 赤間 清松
18 昭和43年 マーブルアーチ 牡5 赤間 清松
17 昭和42年 ハロータイム 牡5 福永 尚武
16 昭和41年 エイコウザン 牡6 松浦 備
15 昭和40年 テツリユウ 牡6 佐々木 竹見
14 昭和39年 ゲイリング 牡6 溝辺 正
13 昭和38年 サキミドリ 牡6 松浦 備
12 昭和37年 アサブエ 牡6 鈴木 富士雄
11 昭和36年 イチアサヒデ 牡7 小筆 昌
10 昭和35年 エータイム 牡6 佐々木 國廣
9 昭和34年 イチカントー 牡7 藤田 安弘
8 昭和33年 イチカントー 牡6 藤田 安弘
7 昭和32年 スヰートハート 牝8 杉山 信幸
6 昭和31年 カネエイカン 牡7 小筆 昌
5 昭和30年 アサクニ 牡6 梅山 満
4 昭和29年 イチサチホマレ 牡7 栗田 武
3 昭和28年 イカホダケ 牡7 須田 茂
2 昭和27年 キヨフジ 牝5 八木 正雄
1 昭和26年 エゾテツザン 牡7 小笠原 円之助