重賞レース

第18回 スパーキングサマーカップ(SIII)

  • 2021年8月31日 20:10発走予定
スパーキングサマーカップ

レースガイドRACE GUIDE

2004年の第1回から第10回までの勝ち馬のうち6頭がこのレースで重賞初制覇を果たした。しかし、上り馬が活躍する傾向は近年では薄れている。18年ウェイトアンドシー(大井)、20年グレンツェント(大井)は、同年の川崎マイラーズ1着、17年ケイアイレオーネ(大井)は、15年のこのレース2着など、勝つには川崎1600mでの実績が必要だ。【1着馬に日本テレビ盃JpnIIへの優先出走権を付与】

コースガイドCOURSE GUIDE

4コーナーのポケットから発走し最初のコーナーまで500mあり、さほどハイペースにはなりません。差し馬にとってはカーブがきつい3コーナーでうまく立ち回ることが求められます。

1600m
  • 分析レポート
  • 重賞直前情報
  • レースレポート
  • 歴代優勝馬
回数 施行年 馬名 性・年齢 騎手
17 令和2年 グレンツェント 牡7 伊藤 裕人
16 令和元年 トキノパイレーツ 牡4 町田 直希
15 平成30年 ウェイトアンドシー セ7 今野 忠成
14 平成29年 ケイアイレオーネ 牡7 的場 文男
13 平成28年 ブルーチッパー 牝6 森 泰斗
12 平成27年 ブルーチッパー 牝5 真島 大輔
11 平成26年 トーセンアレス 牡7 張田 京
10 平成25年 トーセンアドミラル 牡6 川島 正太郎
9 平成24年 クラーベセクレタ 牝4 戸崎 圭太
8 平成23年 ベルモントルパン 牡7 石崎 駿
7 平成22年 ディアーウィッシュ 牡6 今野 忠成
6 平成21年 マルヨフェニックス 牡5 尾島 徹
5 平成20年 ベルモントサンダー 牡7 石崎 駿
4 平成19年 ルースリンド 牡6 内田 博幸
3 平成18年 イシノダンシング 牡6 左海 誠二
2 平成17年 マクロプロトン 牡4 内田 博幸
1 平成16年 ユニークステータス 牡5 張田 京