重賞レース

第24回 クラウンカップ(SIII)

  • 2021年4月21日 20:10発走予定
クラウンカップ

レースガイドRACE GUIDE

新年度になって南関東で最初に実施される3歳重賞。2013~18年では7番人気以下が3着以内に1~2頭入り、11→12→3番人気で決まった15年は3連単で618万3360円の超高額配当。19年こそ2→3→4番人気で比較的堅い決着だったが、20年は8番人気が2着で波乱になった。過去10回で、1番人気が2勝、2、3着各1回と不振なのも波乱が多い要因といえる。【1着馬に東京ダービーへの優先出走権を付与】

コースガイドCOURSE GUIDE

4コーナーのポケットから発走し最初のコーナーまで500mあり、さほどハイペースにはなりません。差し馬にとってはカーブがきつい3コーナーでうまく立ち回ることが求められます。

1600m
  • 分析レポート
  • 重賞直前情報
  • レースレポート
  • 歴代優勝馬

波乱続きの3歳重賞

※データは、過去10年分(11〜20年)を対象にした。

■毎年3連単は万馬券決着

単勝1番人気は2勝、2、3着各1回、2、3番人気も馬券に絡んだのは計6回で上位人気が不振。8番人気以下が3着以内に9回入っているように、人気はアテにならない。3連単の配当では、11→12→3番人気で決まった15年の618万3360円が最高で、最低でも12年の1万2580円と毎年荒れる。

【単勝人気別成績】(過去10回)

1着 2着 3着 着外
1番人気 2 1 1 6
2番人気 1 0 1 8
3番人気 1 1 2 6
4番人気 2 0 1 7
5番人気 2 1 1 6
6番人気以下 2 7 4 74

■近年は浦和が躍進

船橋が4勝で、浦和と川崎が3勝ずつ。2、3着も船橋が各6回、2回と合計ではもっとも多く、複勝率29.3%は、次点の川崎(2着3回、3着4回)21.8%を上回る。ただし、川崎の3勝は15年以前のもの。一方、浦和の3勝、3着1回(着外12回)は17年以降で、過去5回では船橋(出走20頭で2勝、2着3回、3着なし)と複勝率25.0%は同じ。同じく過去5回では、川崎は2、3着各2回、大井は3着2回となっている。

【所属別成績】(過去10回)

所属 1着 2着 3着 着外
船橋 4 6 2 29
川崎 3 3 4 36
浦和 3 0 1 20
大井 0 1 3 22

■ニューイヤーカップ組が波乱を呼ぶ

まず注意したいのは、ニューイヤーカップ出走馬。過去10回では、出走24頭で2勝、2着3回、3着2回の複勝率29.2%。3連単618万円となった15年は、11番人気で1着ウインバローラス(川崎)はニューイヤーカップ9着、12番人気で2着ルコンポゼ(大井)は同8着だった。その他、13年2着(12番人気)、20年2着(8番人気)など人気薄での馬券絡みが多い。
11、18年は施行日の関係で京浜盃からの出走がなかったが、その両年を除く8回では、京浜盃から27頭が出走し3勝、2着1回、3着3回で複勝率25.9%。過去10回で、雲取賞は出走40頭で、1勝、2着5回、3着6回の複勝率30.0%と互角以上。20年3着ストーミーデイ(大井)は、2走前の雲取賞3着、前走京浜盃6着。どちらのレースも大きく負けていないほうがいい。
また出走頭数は少ないが、18年創設のトライアル(椿賞・つばき賞)は19、20年では出走5頭で2勝、2着1回と優秀だ(※複数レースに出走していた馬は、のべ頭数とする)。

ライター: 栗田勇人

 

回数 施行年 馬名 性・年齢 騎手
23 令和2年 ウタマロ 牡3 酒井 忍
22 令和元年 ホールドユアハンド 牡3 戸崎 圭太
21 平成30年 スプリングマン 牡3 左海 誠二
20 平成29年 ローズジュレップ 牡3 吉原 寛人
19 平成28年 ガーニーフラップ 牡3 的場 文男
18 平成27年 ウインバローラス 牡3 柴田 大知
17 平成26年 ワタリキングオー 牡3 的場 文男
16 平成25年 アメイジア 牡3 吉原 寛人
15 平成24年 キタサンツバサ 牡3 繁田 健一
14 平成23年 ナターレ 牝3 的場 文男
13 平成22年 ポシビリテ 牡3 松岡 正海
12 平成21年 サイレントスタメン 牡3 金子 正彦
11 平成20年 モエレラッキー 牡3 張田 京
10 平成19年 エスプリベン 牡3 今野 忠成
9 平成18年 サンキューウィン セ3 左海 誠二
8 平成17年 ブラウンコマンダー 牡3 張田 京
7 平成16年 ブルーローレンス 牡3 的場 文男
6 平成15年 ウィンブロー 牡3 石崎 隆之
5 平成14年 キングセイバー 牡3 酒井 忍
4 平成13年 シングルトラック 牡3 堀 千亜樹
3 平成12年 ピーエムカイザー 牡4 佐藤 隆
2 平成11年 キタノダイマジン 牡4 桑島 孝春
1 平成10年 ハードサインカラー 牡4 佐々木 竹見