重賞レース

第31回 ロジータ記念(SI)

  • 2020年11月11日 20:10発走予定
ロジータ記念

レースガイドRACE GUIDE

レース名のロジータは川崎所属で活躍した不世出の名牝(2016年死亡)。3歳牝馬の地方全国交流戦で、10〜18年の勝ち馬にはすでに重賞勝ちがあり、18年以外は単勝1番人気が連対と比較的堅く収まる重賞。しかしグランモナハート(大井)が重賞初制覇を果たした19年は3連単10万円台と荒れた。【1着馬にクイーン賞、東京シンデレラマイル(南関東所属馬のみ)の優先出走権を付与】

コースガイドCOURSE GUIDE

2コーナーの出口から発走し、コーナーを6回まわります。2周目の向正面でペースが上がったときに、離されずについていくことができるか。騎手のペース判断も重要になります。

2100m
  • 分析レポート
  • 重賞直前情報
  • レースレポート
  • 歴代優勝馬

川崎の距離経験が重要

※データは、地方全国交流になってからの過去9年分(11〜19年)を対象にした。

■1番人気は複勝率100%

1番人気は11〜17年では4勝、2着3回とすべて連対。18、19年もともに3着で複勝率100%と信頼できる。2番人気は2勝、2、3着各1回だが、3番人気は2着1回(11年)のみと不振。5番人気以下が10頭も馬券に絡んでおり伏兵の台頭には警戒したい。19年は6→5→1番人気で入って、3連単では過去9回で最高となる10万9710円。しかし1番人気は堅調で、3連単4桁配当が5回あるだけに、大きく荒れることは少ない。

【単勝人気別成績】(過去9回)

1着 2着 3着 着外
1番人気 4 3 2 0
2番人気 2 1 1 5
3番人気 0 1 0 8
4番人気 2 0 1 6
5番人気 0 1 1 7
6番人気以下 1 3 4 68

■近年は大井が躍進

船橋が6勝、2着3回と断然。しかし15年以降の過去5回では大井が【3-3-2-8】と好成績で、船橋は【2-0-0-13】と2勝しているのみ。なお川崎は未勝利だが、2、3着には計8頭入っている。浦和は川崎の重賞と相性がいい小久保智厩舎の馬でも苦戦している。

【単勝人気別成績】(過去9回)

所属 1着 2着 3着 着外
船橋 6 3 1 21
大井 3 3 2 20
川崎 0 2 6 30
浦和 0 0 0 11
他地区 0 1 0 12

■戸塚記念上位馬とサルビアカップ組

戸塚記念(川崎2100m)組は、3勝、2着4回、3着3回(着外9頭)で10頭が3着以内。そのうち7頭は戸塚記念で5着以内だった。サルビアカップ(川崎2000m)は、準重賞へ格上げとなった18、19年では3着以内馬6頭中4頭が同レース組と、関連性が強くなっている。なお戸塚記念よりあとの実施のため、両レースとも出走する馬もおり、18年は戸塚記念3着、サルビアカップ2着のクレイジーアクセル(大井)が2着、同4、1着のゴールドパテック(川崎)が3着に入っている。
また17年はステップオブダンス(大井)が、6月の関東オークスJpnII(川崎2100m)3着からのぶっつけで勝利。3着以内には同レースを使われていた馬も多く、川崎の距離経験が問われる。

■今野騎手が複勝率70%超

騎手では、今野忠成(川崎)が7回騎乗し1勝、2着3回、3着1回の好成績。森泰斗(船橋)も9回騎乗し、16、17年を連勝するなど2勝、2着1回、3着2回と相性がいい。なお真島大輔(大井)は7回騎乗し1、2着各1回だが、その2回はともに荒山勝徳厩舎(大井)の馬だった。

ライター: 栗田勇人

 

回数 施行年 馬名 性・年齢 騎手
30 令和元年 グランモナハート 牝3 本田 正重
29 平成30年 クロスウィンド 牝3 矢野 貴之
28 平成29年 ステップオブダンス 牝3 森 泰斗
27 平成28年 ミスミランダー 牝3 森 泰斗
26 平成27年 ララベル 牝3 真島 大輔
25 平成26年 ノットオーソリティ 牝3 御神本 訓史
24 平成25年 カイカヨソウ 牝3 今野 忠成
23 平成24年 エミーズパラダイス 牝3 戸崎 圭太
22 平成23年 クラーベセクレタ 牝3 戸崎 圭太
21 平成22年 ショウリダバンザイ 牝3 御神本 訓史
20 平成21年 タカヒロチャーム 牝3 町田 直希
19 平成20年 シスターエレキング 牝3 桑島 孝春
18 平成19年 トキノミスオース 牝3 坂井 英光
17 平成18年 マキノチーフ 牝3 繁田 健一
16 平成17年 グローバルリーダー 牝3 張田 京
15 平成16年 アイチャンルック 牝3 的場 文男
14 平成15年 マルダイメグ 牝3 的場 文男
13 平成14年 ラヴァリーフリッグ 牝3 石崎 隆之
12 平成13年 カーディアンゴット 牝3 佐藤 隆
11 平成12年 セクシーディナー 牝4 内田 博幸
10 平成11年 ヤマノリアル 牝4 張田 京
9 平成10年 ホクトオーロラ 牝4 石崎 隆之
8 平成9年 イシゲヒカリ 牝4 秋田 実
7 平成8年 スギヤマワッスル 牝4 田部 和廣
6 平成7年 マキバサイレント 牝4 石崎 隆之
5 平成6年 ケーエフネプチュン 牝4 矢内 博
4 平成5年 パワーシャレード 牝4 石崎 隆之
3 平成4年 アズマリーフ 牝4 柿本 政男
2 平成3年 ドラールオウカン 牝4 内田 博幸
1 平成2年 ヒカリカツオーヒ 牝4 石崎 隆之