重賞レース

第20回 ローレル賞(SII)

  • 2020年11月10日 20:10発走予定
ローレル賞

レースガイドRACE GUIDE

大晦日の東京2歳優駿牝馬とともにグランダム・ジャパン(GDJ)の対象競走となっている。GDJがスタートした2010年より前も含めると、両レースとも勝ったのは7頭。19年はブロンディーヴァ、ルイドフィーネ、ミナミンの地元川崎・内田勝義厩舎勢が1〜3着独占の快挙を達成した。【1〜3着の牝馬に東京2歳優駿牝馬の優先出走権を付与】

コースガイドCOURSE GUIDE

4コーナーのポケットから発走し最初のコーナーまで500mあり、さほどハイペースにはなりません。差し馬にとってはカーブがきつい3コーナーでうまく立ち回ることが求められます。

1600m
  • 分析レポート
  • 重賞直前情報
  • レースレポート
  • 歴代優勝馬

昨年は地元川崎が1〜3着を独占

※データは、地方全国交流になってからの過去9年分(11〜19年)を対象にした。

■かつてほどは荒れない

1番人気は3勝、2、3着各1回であまり信頼はできない。3連単では12→7→5番人気で入った12年に356万1630円という高額配当を記録するなど、2歳戦らしくかつては荒れた。しかし15年以降の過去5回では2840円から4万5390円の間に収まっており、3着以内馬15頭中10頭は3番人気以内。傾向に変化がみられる。

【単勝人気別成績】(過去9回)

1着 2着 3着 着外
1番人気 3 1 1 4
2番人気 2 0 3 4
3番人気 2 1 1 5
4番人気 1 1 0 7
5番人気 0 3 1 5
6番人気以下 1 3 3 70

■北海道と川崎が好成績

もともと北海道が好成績で、12、13年、15〜18年は1〜2頭が3着以内に入っていたが、19年は出走した2頭とも馬券圏外。その19年は川崎・内田勝義厩舎が1〜3着を独占。地元馬は出走頭数が多いとはいえ3着以内馬の数では北海道の7頭を上回る10頭。17〜19年には3連勝と近年は好成績を残している。大井の2勝は12、14年、船橋の1勝は11年で近年は勝ち切れていない。浦和の2、3着各1回は16、17年で出走数は少なくても警戒したい。

【単勝人気別成績】(過去9回)

所属 1着 2着 3着 着外
北海道 3 0 4 12
川崎 3 4 3 32
大井 2 1 1 13
船橋 1 3 0 21
浦和 0 1 1 11
上記以外 0 0 0 6

■エーデルワイス賞1、2着馬を信頼

北海道勢は、エーデルワイス賞JpnIII(門別1200m)を使われての参戦がほとんど。同1、2着馬が出走してきたときは3勝、3着1回(着外1回)の好成績。3着以下から複勝圏内に入った3頭中2頭も勝ち馬とは1秒差以内で牝馬では上位の力があった。

■鎌倉記念、小町特別上位馬が好成績

トライアルは鎌倉記念(川崎1500m)だが、同レース出走馬で馬券に絡んだのは3頭のみ。11年3着クリヤマキアート(大井)、17年1着ゴールドパテック(川崎)、19年3着ミナミン(川崎)で、いずれも鎌倉記念では牝馬として最先着の3着だった。
なお近年好相性なのが、JRA認定・小町特別。17年の2着馬は小町特別2着、18年の2着馬は同1着、19年1着ブロンディーヴァ(川崎)、2着ルイドフィーネ(川崎)は同1、2着からの参戦。小町特別の連対馬にも注目したい。

■大敗からの巻き返しは厳しい

3着以内馬27頭中25頭は前走3着以内。例外の2頭は、前走がエーデルワイス賞JpnIIIで各4、8着だった。

【3着以内馬の前走着順別頭数】(過去9回)

前走着順 頭数
1着 15
2着 6
3着 4
4着以下 2

 

ライター: 栗田勇人

 

回数 施行年 馬名 性・年齢 騎手
19 令和元年 ブロンディーヴァ 牝2 御神本 訓史
18 平成30年 アークヴィグラス 牝2 瀧川 寿希也
17 平成29年 ゴールドパテック 牝2 瀧川 寿希也
16 平成28年 アップトゥユー 牝2 阿部 龍
15 平成27年 モダンウーマン 牝2 阿部 龍
14 平成26年 ララベル 牝2 真島 大輔
13 平成25年 クライリング 牝2 御神本 訓史
12 平成24年 デイジーギャル 牝2 真島 大輔
11 平成23年 ドラゴンシップ 牝2 御神本 訓史
10 平成22年 オリークック 牝2 坂井 英光
9 平成21年 キョウエイトリガー 牝2 柏木 健宏
8 平成20年 ヴィクトリーパール 牝2 佐藤 博紀
7 平成19年 マダムルコント 牝2 町田 直希
6 平成18年 エイコークック 牝2 的場 文男
5 平成17年 ダガーズアラベスク 牝2 内田 博幸
4 平成16年 スコーピオンリジイ 牝2 今野 忠成
3 平成15年 ビービーバーニング 牝2 甲斐 年光
2 平成15年 マルダイメグ 牝3 的場 文男
1 平成14年 ラヴァリーフリッグ 牝3 石崎 隆之