重賞レース

第18回 鎌倉記念(SII)

  • 2019年10月22日 20:10発走予定
第18回 鎌倉記念(SII)

レースガイドRACE GUIDE

南関東でシーズン最初に行われる2歳重賞で、07年から地方全国交流戦。全日本2歳優駿(JpnI)のトライアルとして、17年からSIIに格上げされた。東海地区などからも遠征があるが、07年以降過去12回の勝ち馬は南関東(8頭)か北海道(4頭)のどちらかとなっている。【1着馬に全日本2歳優駿、3着以内の牝馬にローレル賞の優先出走権を付与】

コースガイドCOURSE GUIDE

ゴール手前300mから発走しコーナー4つを経てゴールイン。地元馬は経験済のことが多い舞台ですが、鎌倉記念の北海道勢にとっては門別とは逆の左回りが鬼門になりがちです。

1500m
  • 分析レポート
  • 重賞直前情報
  • レースレポート
  • 歴代優勝馬

北海道と船橋が強い

※データは過去10年分(09~18年)を対象にした。

■1、2番人気は堅調だが

2番人気が3勝、2着4回と好成績。1番人気は2勝、2着2回、3着3回。1、2番人気がともに3着以内に入ったのは5回ある。3連単が23万円だった11年ほど荒れることは少ないが、5、7番人気が計9頭も馬券に絡んでおり、2歳戦らしく伏兵の台頭も。

【単勝人気別成績】(過去10回)

1着 2着 3着 着外
1番人気 2 2 3 3
2番人気 3 4 0 3
3番人気 1 1 2 6
4番人気 0 0 0 10
5番人気 1 1 3 5
6番人気 0 2 0 8
7番人気 2 0 2 6
8番人気以下 1 0 0 54

■北海道と船橋が好成績

4勝の北海道、3勝の船橋が好成績。両所属馬でのワンツーが6回、船橋同士のワンツーも1回あり、3着以内馬30頭中19頭を占めている。北海道では堂山芳則厩舎が3勝、2着1回(着外2回)と好相性。浦和所属で3着以内に入った3頭はすべて小久保智厩舎だ。

【所属別成績】(過去10回)

所属 1着 2着 3着 着外
北海道 4 3 2 19
船橋 3 6 1 14
浦和 1 1 1 9
大井 1 0 1 8
川崎 1 0 5 36
上記以外 0 0 0 9

■前走上位着順馬に注目

3着以内馬30頭中、前走1~3着馬が24頭を占めており、うち17頭が前走1着。大敗からの巻き返しは考えにくい。2連勝以上で臨んだ馬が17年を除き3着以内に入線。15年ポッドガイ、18年ミューチャリーは無敗でこのレースを制覇した。

【3着以内馬の前走着順】(過去10回)

前走着順 頭数
1着 17
2着 3
3着 4
4着 4
5、7着 各1

■トライアル組は?

トライアルの若武者賞(川崎1500m)組から勝ち馬は出ておらず、2着か3着に入ったのは6頭のみ。ただ、17年はゴールドパテック、18年はグラビテーションがともに3着と近2年は馬券に絡んでいる。

 
ライター: 栗田勇人

 

回数 施行年 馬名 性・年齢 騎手
17 平成30年 ミューチャリー 牡2 御神本 訓史
16 平成29年 リコーワルサー 牡2 森 泰斗
15 平成28年 ストーンリバー 牡2 井上 幹太
14 平成27年 ポッドガイ 牡2 矢野 貴之
13 平成26年 オウマタイム 牡2 繁田 健一
12 平成25年 ニシノデンジャラス 牡2 今野 忠成
11 平成24年 インサイドザパーク 牡2 左海 誠二
10 平成23年 ニシノファイター 牡2 小国 博行
9 平成22年 キスミープリンス 牡2 戸崎 圭太
8 平成21年 ナンテカ 牡2 坂井 英光
7 平成20年 ノーステイオー 牡2 左海 誠二
6 平成19年 ヴァイタルシーズ 牡2 左海 誠二
5 平成17年 カネショウマリノス 牡2 今野 忠成
4 平成16年 エスプリフェザント 牡2 久保 勇
3 平成15年 トキノコジロー 牡2 山田 信大
2 平成14年 パレガルニエ 牝2 今野 忠成
1 平成13年 ジェネスアリダー 牡2 桑島 孝春