重賞レース

農林水産大臣賞典 第68回川崎記念(JpnI)

  • 2019年1月30日
  • 16:10発走
第68回川崎記念(JpnI)

レースガイドRACE GUIDE

年明けに国内で最初に実施される中央と交流のJpnI。NARグランプリ年度代表馬に4度輝いたフリオーソ(2011年)や、ドバイワールドカップにも挑戦したアジュディミツオー(06年)、ホッコータルマエ(14~16年に3連覇)など時代ごとのダート最強馬たちを送り出してきた。04年以降、15年連続で1番人気が連対中で、その間、上位人気3頭での決着も7回ある。

コースガイドCOURSE GUIDE

2コーナーの出口から発走し、コーナーを6回まわります。2周目の向正面でペースが上がったときに、離されずについていくことができるか。騎手のペース判断も重要になります。

2100m
  • 分析レポート
  • 重賞直前情報
  • レースレポート
  • 歴代優勝馬

JRAの上位人気馬が強い

※データは、過去10年分(09~18年)を対象にした。

■1番人気は連対率100%

単勝1番人気が8勝、2着2回ですべて連対。2番人気は1勝、2着1回、3着4回。3番人気も2着5回、3着3回。人気上位3頭で決まったのは過去10回中5回ある。3着以内に入った馬の最低は6番人気で、無理に穴を探す必要はない。

【単勝人気別成績】(過去10回)

1着 2着 3着 着外
1人気 8 2 0 0
2人気 1 1 4 4
3人気 0 5 3 2
4人気 0 1 1 8
5人気 1 1 0 8
6人気 0 0 2 8
7番人気以下 0 0 0 56

■JRAの独壇場

船橋(1勝、2、3着各2回)、川崎(3着1回)を除く3着以内はすべてJRA勢。船橋の3着以内5回のうち4回はフリオーソ(09~12年に出走)1頭の実績で、JRAの出走枠が6頭に増えた2016年以降は、JRAの掲示板内独占が続いている。

【所属別成績】(過去10回)

所属 1着 2着 3着 着外
JRA 9 8 7 28
船橋 1 2 2 8
川崎 0 0 1 14
浦和 0 0 0 3
大井 0 0 0 11
地方他地区 0 0 0 22

■狙いは東京大賞典、チャンピオンズC上位馬

JRA所属で3着以内に入った24頭の前走内訳では、前年の東京大賞典GIが最多で13頭。前走または2走前にチャンピオンズカップGI(14年まではジャパンカップダートGI)を使われていた馬ものべ13頭おり、どちらかのレースで1~8着に入っていた馬が狙い。地方馬の09年2着フリオーソ(船橋)も東京大賞典で7着の実績があった。
 なお、18年・2番人気で5着サウンドトゥルー(チャンピオンズカップ11着→東京大賞典2着)、12年・3番人気で5着ニホンピロアワーズ(同9着→名古屋グランプリJpnII・1着)をはじめ、チャンピオンズカップ9着以下から巻き返したケースはない。
 東京大賞典1~3着馬とチャンピオンズカップ1~8着馬をあわせて3頭に満たない年は、17年1着オールブラッシュ(前走1600万下で1着)、16年3着アムールブリエ(前走名古屋グランプリ1着)といった別路線組の台頭が起こりやすい。

■7歳が4勝、5歳が3勝

1着が多いのは7歳だが、連対率・複勝率では16頭出走し1勝、2着6回の6歳がナンバーワン。3着以内馬30頭のうち27頭は7歳以下。8歳での勝利は10年ヴァーミリアンで、7歳以下の活躍が目立つ。

【年齢別成績】(過去10回)

年齢 1着 2着 3着 着外
4歳 1 1 3 9
5歳 3 1 2 16
6歳 1 0 6 9
7歳 4 2 3 20
8歳 1 0 2 19
9歳 0 0 0 11
10歳 0 0 0 2

 

回数 施行年 馬名 性・年齢 騎手
67 平成29年 ケイティブレイブ 牡5 福永祐一
66 平成28年 オールブラッシュ 牡5 C.ルメール
65 平成27年 ホッコータルマエ 牡7 幸英明
64 平成26年 ホッコータルマエ 牡6 幸英明
63 平成25年 ホッコータルマエ 牡5 幸英明
62 平成24年 ハタノヴァンクール 牡4 四位洋文
61 平成23年 スマートファルコン 牡7 武豊
60 平成22年 フリオーソ 牡7 戸崎圭太
59 平成21年 ヴァーミリアン 牡8 武豊
58 平成20年 カネヒキリ 牡7 C.ルメール
57 平成19年 フィールドルージュ 牡6 横山 典弘
56 平成18年 ヴァーミリアン 牡5 C.ルメール
55 平成17年 アジュディミツオー 牡5 内田 博幸
54 平成16年 タイムパラドックス 牡7 武 豊
53 平成15年 エスプリシーズ 牡5 森下 博
52 平成14年 カネツフルーヴ 牡6 松永 幹夫
51 平成13年 リージェントブラフ 牡6 吉田 豊
50 平成12年 レギュラーメンバー 牡4 松永 幹夫
49 平成11年 インテリパワー 牡6 張田 京
48 平成10年 アブクマポーロ 牡8 石崎 隆之
47 平成9年 アブクマポーロ 牡7 石崎 隆之
46 平成8年 ホクトベガ 牝7 横山 典弘
45 平成7年 ホクトベガ 牝7 横山 典弘
44 平成6年 アマゾンオペラ 牡5 石崎 隆之
43 平成5年 サクラハイスピード 牡7 佐藤 隆
42 平成4年 ハシルシヨウグン 牡6 鈴木 啓之
41 平成3年 トーシンイーグル 牡5 矢内 博
40 平成2年 ダイコウガルダン 牡7 早田 秀治
39 平成1年 ロジータ 牝5 野崎 武司
38 平成元年 アエロプラーヌ 牡5 的場 文男
37 昭和63年 トミヒサダンサー 牡6 松代 真
36 昭和62年 カウンテスアツプ 牡7 的場 文男
35 昭和61年 カウンテスアツプ 牡6 的場 文男
34 昭和60年 カウンテスアツプ 牡5 的場 文男
33 昭和59年 ダーリンググラス 牡7 牛房 栄吉
32 昭和58年 カネシヨウスーパー 牡6 内田 勝義
31 昭和57年 ダーリンググラス 牡5 本間 光雄
30 昭和56年 ゴールドスペンサー 牡6 本間 光雄
29 昭和55年 ゴールドスペンサー 牡5 本間 光雄
28 昭和54年 タガワエース 牡5 高橋 三郎
27 昭和53年 エフチリン 牡6 桑島 孝春
26 昭和52年 プラスワン 牡5 田部 和廣
25 昭和51年 ヒデノアラシ 牡5 佐々木 竹見
24 昭和50年 マルイチダイオー 牡5 角田 次男
23 昭和49年 ゴールデンスネツプ 牝6 長谷川 茂
22 昭和48年 ネロ 牡5 高橋 三郎
馬流行性感冒により開催中止
21 昭和46年 リユウトキツ 牡5 佐々木 吉郷
20 昭和45年 アポスピード 牡5 須田 茂
19 昭和44年 アシヤフジ 牡6 赤間 清松
18 昭和43年 マーブルアーチ 牡5 赤間 清松
17 昭和42年 ハロータイム 牡5 福永 尚武
16 昭和41年 エイコウザン 牡6 松浦 備
15 昭和40年 テツリユウ 牡6 佐々木 竹見
14 昭和39年 ゲイリング 牡6 溝辺 正
13 昭和38年 サキミドリ 牡6 松浦 備
12 昭和37年 アサブエ 牡6 鈴木 富士雄
11 昭和36年 イチアサヒデ 牡7 小筆 昌
10 昭和35年 エータイム 牡6 佐々木 國廣
9 昭和34年 イチカントー 牡7 藤田 安弘
8 昭和33年 イチカントー 牡6 藤田 安弘
7 昭和32年 スヰートハート 牝8 杉山 信幸
6 昭和31年 カネエイカン 牡7 小筆 昌
5 昭和30年 アサクニ 牡6 梅山 満
4 昭和29年 イチサチホマレ 牡7 栗田 武
3 昭和28年 イカホダケ 牡7 須田 茂
2 昭和27年 キヨフジ 牝5 八木 正雄
1 昭和26年 エゾテツザン 牡7 小笠原 円之助