重賞レース

第29回ロジータ記念(SI)

  • 2018年11月28日
  • 20:15発走
第29回 ロジータ記念(SI)

レースガイドRACE GUIDE

川崎競馬所属で活躍した名牝を称え創設された3歳牝馬による地方全国交流重賞。グランダム・ジャパン3歳シーズンの一戦で、牝馬三冠での活躍馬に、上がり馬や他地区勢が挑む。なお昨年の当レースの前日、ロジータが16年12月に死亡していたことが発表された。【1着馬にクイーン賞、東京シンデレラマイル(※南関東所属馬のみ)の優先出走権を付与】

コースガイドCOURSE GUIDE

2コーナーの出口から発走し、コーナーを6回まわります。2周目の向正面でペースが上がったときに、離されずについていくことができるか。騎手のペース判断も重要になります。

2100m
  • 分析レポート
  • 重賞直前情報
  • レースレポート
  • 歴代優勝馬

1番人気は堅実でヒモ荒れ傾向

※データは、地方全国交流になってからの過去7年分(11~17年)を対象にした。

■1番人気は連対率100%

勝ち馬は7頭中6頭が2番人気以内。単勝1番人気は7頭すべて連対しており軸は堅いが、2番人気は2勝、3着1回、3番人気は2着1回のみ。2着には6、7番人気が計3頭、3着には8、9番人気が計3頭入っているように、2、3着には伏兵の好走も。

【単勝人気別成績】(過去7回)

1着 2着 3着 着外
1人気 4 3 0 0
2人気 2 0 1 4
3人気 0 1 0 6
4人気 1 0 1 5
5人気 0 0 1 6
6人気 0 2 1 4
7人気 0 1 0 6
8人気 0 0 2 5
9人気 0 0 1 6
10番人気以下 0 0 0 35

■船橋が好成績も近年は大井が躍進

船橋は25頭の出走で5勝、2着3回、3着7回で、勝率(20.0%)、連対率(32.0%)、複勝率(36.0%)のいずれも突出して高く、2位はいずれも大井(それぞれ8.7%、17.4%、21.7%)。なお勝利があるのはこの2場のみで、地元川崎は、2着1回、3着5回と、連対は1頭のみ。過去3年に限ると、大井が【2-2-1-6】と11頭中5頭が3着以内なのに対し、船橋は【1-0-0-8】で9頭出走し1勝のみと成績を落としている。

【所属別成績】(過去7回)

所属 1着 2着 3着 着外
浦和 0 0 0 7
船橋 5 3 1 16
大井 2 2 1 18
川崎 0 1 5 26
他地区 0 1 0 10

■東京ダービー出走馬が好成績

東京ダービー(大井2000m)を使われていた馬は【4-2-1-5】で12頭中7頭が3着以内(複勝率58.3%)。同レースでひと桁着順だった馬に限ると【4-2-1-2】で9頭中7頭が3着以内(複勝率77.8%)と信頼度が増す。黒潮盃を使われていた馬も【1-2-0-3】で6頭中3頭が3着以内とまずまず。
 

■トライアルは戸塚記念組が狙い

トライアルは2つ。戸塚記念(川崎2100m)1~3着馬は、6頭が出走し、1勝、2着2回、3着1回。牡馬が戸塚記念で1~3着を独占した年は、14年1着ノットオーソリティ(戸塚記念10着)、16年1着ミスミランダー(同5着)、17年2着シェアハッピー(同7着)のように、その着順は関係なく、出走して牡馬と対戦したことがアドバンテージになる。なおもうひとつのトライアル・サルビアカップ(川崎2000m)組で3着以内に入ったのは14年2着モフモフのみ。
 

■今野騎手が好相性

3着以内に複数回入っている騎手(現JRAの戸崎圭太騎手は除く)は3名おり、なかでも今野忠成騎手が5回騎乗し1勝、2着3回、3着1回で複勝率100%。森泰斗騎手は2勝、2、3着各1回(着外3回)、真島大輔騎手は1、2着各1回(着外5回)。3着以内馬21頭中、18頭が前走と同じ騎手で臨んでいた。
 

回数 施行年 馬名 性・年齢 騎手
28 平成28年 ステップオブダンス 牝3 森泰斗
27 平成27年 ミスミランダー 牝3 森泰斗
26 平成26年 ララベル 牝3 真島大輔
25 平成25年 ノットオーソリティ 牝3 御神本訓史
24 平成24年 カイカヨソウ 牝3 今野忠成
23 平成23年 エミーズパラダイス 牝3 戸崎圭太
22 平成22年 クラーベセクレタ 牝3 戸崎圭太
21 平成21年 ショウリダバンザイ 牝3 御神本訓史
20 平成20年 タカヒロチャーム 牝3 町田直希
19 平成19年 シスターエレキング 牝3 桑島 孝春
18 平成18年 トキノミスオース 牝3 坂井 英光
17 平成17年 マキノチーフ 牝3 繁田 健一
16 平成16年 グローバルリーダー 牝3 張田 京
15 平成15年 アイチャンルック 牝3 的場 文男
14 平成14年 マルダイメグ 牝3 的場 文男
13 平成13年 ラヴァリーフリッグ 牝3 石崎 隆之
12 平成12年 カーディアンゴット 牝3 佐藤 隆
11 平成11年 セクシーディナー 牝4 内田 博幸
10 平成10年 ヤマノリアル 牝4 張田 京
9 平成9年 ホクトオーロラ 牝4 石崎 隆之
8 平成8年 イシゲヒカリ 牝4 秋田 実
7 平成7年 スギヤマワッスル 牝4 田部 和廣
6 平成6年 マキバサイレント 牝4 石崎 隆之
5 平成5年 ケーエフネプチュン 牝4 矢内 博
4 平成4年 パワーシャレード 牝4 石崎 隆之
3 平成3年 アズマリーフ 牝4 柿本 政男
2 平成2年 ドラールオウカン 牝4 内田 博幸
1 平成元年 ヒカリカツオーヒ 牝4 石崎 隆之