重賞レース

第18回 ローレル賞(SII)

  • 2018年11月27日
  • 20:15発走
第18回 ローレル賞(SII)

レースガイドRACE GUIDE

2歳牝馬による地方全国交流重賞で、グランダム・ジャパン(GDJ)2歳シーズンの一戦として今年からSIIに格上げ。過去の勝ち馬では、15年モダンウーマン、16年アップトゥユーがGDJ総合優勝に輝いている。上位入線馬からは南関東3歳牝馬三冠での活躍馬が多数出ており、翌春を占うレースでもある。【3着以内の牝馬に東京2歳優駿牝馬の優先出走権を付与】

コースガイドCOURSE GUIDE

4コーナーのポケットから発走し最初のコーナーまで500mあり、さほどハイペースにはなりません。差し馬にとってはカーブがきつい3コーナーでうまく立ち回ることが求められます。

1600m
  • 分析レポート
  • 重賞直前情報
  • レースレポート
  • 歴代優勝馬

エーデルワイス賞からの巻き返しに注意

※データは、地方全国交流になってからの過去7年分(11~17年)を対象にした。

■大荒れは少ない

勝ち馬は6頭が1~4番人気、2、3着も5頭が5番人気以内で、大きく荒れることは少ない。10番人気以下で3着以内に入った12年1着デイジーギャル(12番人気)、13年3着ストロベリーラン(11番人気)の鞍上はともに真島大輔騎手。14年にはララベルで優勝するなど、このレースと好相性を誇っている。

【単勝人気別成績】(過去7回)

1着 2着 3着 着外
1人気 2 1 1 3
2人気 1 0 2 4
3人気 2 1 1 3
4人気 1 1 0 5
5人気 0 2 1 4
6人気 0 0 0 7
7人気 0 2 0 5
8人気 0 0 1 6
9人気 0 0 0 7

■北海道が好成績

14頭の出走で3勝、3着3回の北海道が勝率・連対率(21.4%)、複勝率(42.9%)のいずれも最も高い。連対率(18.8%)、複勝率(25.0%)の2番目はともに大井。なお、北海道と南関東以外の馬は出走6頭すべて着外。

【所属別成績】(過去7回)

所属 1着 2着 3着 着外
浦和 0 1 1 10
船橋 1 2 0 14
大井 2 1 1 12
川崎 1 3 2 25
北海道 3 0 3 8
上記以外 0 0 0 6

■鎌倉記念組は3着以内馬のみ狙える

トライアルの鎌倉記念(川崎1500m)3着以内で優先出走権を持つ馬は4頭すべて出走し、1勝、3着1回。残り2頭は9着と11着で落差が激しいが、買い目には入れておくほうが良いだろう。なお鎌倉記念4着以下から3着以内に入った馬はいない。
 

■前走着順の良い馬から

3着以内馬21頭中19頭は前走3着以内。例外の2頭は、前走がエーデルワイス賞JpnIIIで4、8着から巻き返した。南関東のレース4着以下からの巻き返しはない。

【3着以内馬の前走着順】(過去7回)

前走着順 頭数
1着 11
2着 5
3着 3
4着以下 2

■川崎の出走経験馬は…

南関東所属で川崎での出走経験がなかった馬は【3-0-0-22】。25頭出走し1着か4着以下という極端な成績。一か八かで狙ってみる手も?
 

回数 施行年 馬名 性・年齢 騎手
17 平成28年 ゴールドパテック 牝2 瀧川寿希也
16 平成27年 アップトゥユー 牝2 阿部龍
15 平成26年 モダンウーマン 牝2 阿部龍
14 平成25年 ララベル 牝2 真島大輔
13 平成24年 クライリング 牝2 御神本訓史
12 平成23年 デイジーギャル 牝2 真島大輔
11 平成22年 ドラゴンシップ 牝2 御神本訓史
10 平成21年 オリークック 牝2 坂井英光
9 平成20年 キョウエイトリガー 牝2 柏木健宏
8 平成19年 ヴィクトリーパール 牝2 佐藤 博紀
7 平成18年 マダムルコント 牝2 町田 直希
6 平成17年 エイコークック 牝2 的場 文男
5 平成16年 ダガーズアラベスク 牝2 内田 博幸
4 平成15年 スコーピオンリジイ 牝2 今野 忠成
3 平成14年 ビービーバーニング 牝2 甲斐 年光
2 平成13年 マルダイメグ 牝3 的場 文男
1 平成12年 ラヴァリーフリッグ 牝3 石崎 隆之