重賞レース

第2回川崎スパーキングスプリント(SIII)

  • 2022年6月14日 20:10発走予定
3.川崎スパーキングスプリント

レースガイドRACE GUIDE

南関東SIII重賞へと昇格した2021年は、A1級の牡馬で負担重量57kgのカプリフレイバー(船橋)が勝利し、2、3着馬の重量は55kg。51~53kgの軽量馬の活躍が目立った20年以前のオープン特別戦時代より、速い時計での決着となっており、今年もハイレベルなスピードバトルが期待できそうだ。【1着、2着馬に習志野きらっとスプリントへの優先出走権を付与】

コースガイドCOURSE GUIDE

2100mと同じく発走は2コーナーの出口だが、3~4コーナーをまわるだけでゴール。いかにスピードを落とさず直線に入ることができるかが重要で、オープンでは51秒台の速いタイムでの決着となることもあります。

900m
  • 分析レポート
    分析
    レポート
  • 参考レース
    参考
    レース
  • 重賞直前情報
    重賞
    直前情報
  • レースレポート
    レース
    レポート
  • 歴代優勝馬
    歴代
    優勝馬

スーパースプリントシリーズの頂点に向け、ここから羽ばたくのは重賞既出走組か新星か

※データは昨年の第1回と、重賞昇格前オープン特別として行われていた9年分(2012~2020年)を対象。

■1番人気を信頼して順当決着と考えるか、波乱を狙うか

単勝1番人気が7勝(2、3着は無し)その時は2着にも2~5番人気馬を連れてきており順当な決着となる事が多い。2、3番人気は5頭ずつ馬券に絡んでいるが、1~3番人気で決まったのは2021年と2014年の2回のみで、相手選びがポイントとなる。1番人気が飛んだ3回は、2020年が8→6→9番人気で三連単196,360円、2018年が2→3→10番人気で三連単27,830円、2012年が5→6→10番人気で三連単743,840円と6番人気以下の馬が6頭と一気に台頭してくる。

【単勝人気別成績】(過去10回、2013年は1着同着)

1着 2着 3着 着外
1番人気 7 0 0 3
2番人気 1 1 3 5
3番人気 1 4 0 5
4番人気 0 1 1 8
5番人気 1 1 1 8
6番人気以下 1 2 5 51

■軸は船橋所属馬から、波乱を狙うなら大井所属馬

船橋所属馬が7勝2着2回3着2回で複勝率48%、出走のなかった2020年を除く9年中8年で連に絡んでおり軸馬選びはここから。大井所属馬で馬券に絡んだ6頭は2・3・6・6・8・10番人気で波乱を期待するなら大井所属馬からと考えるのもありか。川崎所属馬は10頭が馬券に絡んでいるものの、2勝したラディヴィナを含め8頭は斤量53キロ以下だった。重賞に格上げされ、牡馬ならB1級以下、牝馬ならA2級以下でないと55~57キロとなるため馬の実力を見極める必要がありそうだ。浦和所属馬は1勝3着2回で全て小久保智厩舎だが近8年に絞ると7頭立てだった2019年の3着のみで、それ以外の小久保智厩舎12頭ですら馬券圏内を外している(他厩舎の5頭は全て着外)

【所属別成績】(過去10回、2013年は1着同着)

1着 2着 3着 着外
大井 1 3 2 12
船橋 7 2 2 12
浦和 1 0 2 18
川崎 2 4 4 38

■4~6歳馬が断然、牝馬にも注目

4歳馬が出走14頭で4勝2着1回3着2回で複勝率50%であるが、重賞格上げ前の2020年までは4歳馬1キロ減の恩恵もあったので考慮漏れには注意したい。6歳馬は複勝率41%、5歳馬が複勝率27%で近8年に絞れば24頭中23頭が4~6歳馬。唯一11歳で3着に食い込んだのは2015年のコアレスピューマのみ。また牝馬は5勝2着3回3着4回で、こちらも近8年に絞れば毎年馬券に絡んでいる。

【馬齢別成績】(過去10回、2013年は1着同着)

1着 2着 3着 着外
3歳 0 0 0 1
4歳 4 1 2 7
5歳 2 2 2 16
6歳 3 5 3 16
7歳 1 1 1 14
8歳以上 1 0 2 26
牝馬 5 3 4 17

■真ん中より内の枠が有利

1ターンの電撃戦ゆえに枠順も重要なファクターとなる。2枠3枠がそれぞれ50%が馬券に絡み、続いて4枠5枠が約40%。一方で7枠は3勝3着2回だが、6枠・8枠(馬券に絡んだのは3頭のみ)の結果を考えると信頼は置きにくい。1枠で馬券に絡んだのは、こちらも2015年のコアレスピューマのみ。

【枠順別成績】(過去10回、2013年は1着同着)

1着 2着 3着 着外
1枠 0 0 1 9
2枠 1 3 1 5
3枠 2 2 1 5
4枠 2 0 2 6
5枠 3 1 3 10
6枠 0 1 0 16
7枠 3 0 2 13
8枠 0 2 0 16

■近2走で重賞に参戦していた馬が巻き返す

前走か前々走で1,400m以下の重賞競走に出走していた馬が3勝2着4回3着4回。2桁着順からの巻き返しも見られる。また前走で船橋:閃光スプリントに出走していた馬が4勝2着2回3着1回と好相性。それ以外では前走で同じ舞台の川崎900m戦に出走していた馬が1勝2着1回3着4回と続く。川崎コース経験の有無は問わないが、ここ5年は休み明け叩き2戦目の馬が毎年1~2頭馬券に絡んでおり、春のスプリント路線を狙ったローテーションの馬も探してみたい。

ライター:友好春
 

回数 施行年 馬名 性・年齢 騎手
1 令和3年 カプリフレイバー 牡4 真島 大輔