川崎競馬 川崎競馬

トップページ
全日本2歳優駿 全日本2歳優駿
全日本2歳優駿
全日本2歳優駿

全日本2歳優駿とは

  • 今年で68回目を迎える、南関東でもっとも歴史の古い重賞。以前から2歳馬による地方全国交流として実施されていたが、1997年から中央との全国交流となり、GIIに格付けされた。その勝ち馬からはアグネスワールド(97年)、アグネスデジタル(99年)など海外での活躍馬も出たことなどから2002年にはGI(のちJpnI)に昇格。地方所属馬からも、トーシンブリザード(船橋・00年)は翌年南関東四冠を制し、フリオーソ(船橋・06年)は生涯4度のNARグランプリ年度代表馬を獲得するなど活躍馬が出ている。
  • 全日本2歳優駿とは

歴代の勝ち馬には
数々の名馬が

1997年 アグネスワールド

歴代の勝ち馬には数々の名馬が

デビューから2連勝で函館3歳(現2歳)Sを勝利。朝日杯3歳(現2歳)Sこそ4着だったが、全日本3歳(現2歳)優駿はダート初挑戦で制した。3歳時は骨折があり春に1戦したのみ。4歳秋にはフランスに遠征し、直線1000mのアベイ・ド・ロンシャン賞を制覇。さらに5歳時にはイギリスに遠征して1200mのジュライCを制した。日本ではスプリンターズS2着2回などGIを勝てなかったが、欧州に遠征してGI2勝を挙げた。

1997年

7. 27 函館3歳S GIII 1着 武豊 芝1,200m
12. 29 全日本3歳優駿 GII 1着 武豊 ダ1,600m

1999年

10. 3 アベイ・ド・ロンシャン賞 G1 1着 武豊 芝1,000m
11. 27 CBC賞 GII 1着 武豊 芝1,200m
12. 19 スプリンターズS GI 2着 武豊 芝1,200m

2000年

6. 20 キングズスタンドS G2 2着 武豊 芝1,000m
7. 13 ジュライC G1 1着 武豊 芝1,200m
10. 1 スプリンターズS GI 2着 武豊 芝1,200m

1999年 アグネスデジタル

歴代の勝ち馬には数々の名馬が

2歳時には全日本3歳(現2歳)優駿を制し、3歳でも名古屋優駿、ユニコーンSとダート交流重賞で活躍。しかしその秋、マイルチャンピオンシップに出走し、芝での初勝利をGIで挙げた。圧巻だったのは4歳から5歳にかけて。盛岡の南部杯、天皇賞・秋、香港に遠征しての香港C、年をまたいでフェブラリーSと、地方・中央・海外、さらに芝・ダートでGIを4連勝。6歳時には安田記念も制し、GI通算6勝を挙げる活躍を見せた。

1999年

12.23 全日本3歳優駿 GII 1着 的場均 ダ1,600m

2000年

11.19 マイルCS GⅠ 1着 的場均 芝1,600m

2001年

10.28 天皇賞(秋) GI 1着 四位洋文 芝2,000m
12.16 香港C GI 1着 四位洋文 芝2,000m

2002年

2.17 フェブラリーS GI 1着 四位洋文 ダ1,600m

2003年

6.08 安田記念GI 1着 四位洋文 芝1,600m

2006年 フリオーソ

2006年 フリオーソ

全日本2歳優駿は5番人気ながら、好位追走から直線で抜け出す強い勝ち方、一躍地方を代表する期待馬となった。3歳三冠戦線では、羽田盃、東京ダービーこそ惜敗したものの、中央と交流のジャパンダートダービーを制して見せた。古馬になっても帝王賞2勝に、川崎記念、かしわ記念を制するなど、ヴァーミリアン、カネヒキリ、エスポワールシチーら中央のダート最強世代を相手にGI/JpnI通算6勝。歴史に残る地方最強馬となった。

2006年

12.13 全日本2歳優駿 JpnⅠ 1着 内田博幸 ダ1,600m

2007年

7.11 ジャパンダートダービ JpnⅠ 1着 今野忠成 ダ2,000m

2008年

6.25 帝王賞 JpnⅠ 1着 戸崎圭太 ダ2,000m

2010年

6.30 帝王賞 JpnⅠ 1着 戸崎圭太 ダ2,000m

2011年

5.5 かしわ記念 JpnⅠ 1着 戸崎圭太 ダ1,600m
2.20 フェブラリーS GⅠ 2着 M.デムーロ ダ1,600m
1.26 川崎記念 JpnⅠ 1着 戸崎圭太 ダ2,100m