川崎競馬ニュース
ホーム > 川崎競馬ニュース > 平成30年度神奈川県川崎競馬組合一般会計予算について

平成30年度神奈川県川崎競馬組合一般会計予算について

(2018/2/13)

神奈川県川崎競馬組合の競馬事業については、日頃から格別なご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

去る2月8日、神奈川県川崎競馬組合議会平成30年2月定例会におきまして、平成30年度神奈川県川崎競馬組合一般会計予算が可決されました。

平成30年度当初予算額の総額は、715億3千余万円で、前年度当初予算額に比べ48億5千余万円の増、107.3%となっており、にぎわいのある競馬場や強い馬づくりを推進するとともに、経営基盤の強化と川崎競馬のさらなる発展を目指す予算として編成しました。

具体的には、魅力ある競馬を開催するための競走番組の充実や強い馬づくり、ファミリー層向けをはじめとした様々なイベントの充実や各種媒体を活用した積極的な広報の展開などを図ります。

また、川崎競馬の持続的な発展を実現するため、JRAファンの川崎競馬への誘客にも力を注ぐとともに、競馬場及びきゅう舎の施設・設備についてもさらなる整備を行います。

さらに、当組合の構成団体である県や川崎市への収益配分金を4億5千万円に増額し、 地方財政への貢献にも努めてまいります。

ファンの皆様には、これまで以上に川崎競馬を楽しんでいただけるよう、関係者一同、全力で取り組んでまいりますので、引き続き御支援くださいますようよろしくお願い申し上げます。


参考資料

ページトップへ