川崎競馬ニュース
ホーム > 川崎競馬ニュース > 第16回JBC競走の開催を終えて

第16回JBC競走の開催を終えて

(2016/11/3)

川崎競馬開催執務委員長
楯岡 信一


本日、川崎競馬場で4年ぶり3回目となる“ダート競馬の祭典 JBC競走”を盛大に開催することができました。

本日は天候にも恵まれ、多数のお客様に競馬場にご来場いただくとともに、全国の地方競馬場や場外発売所、インターネット投票等を通じて、大変多くの皆様にご参加をいただきました。おかげさまで、地方競馬1日あたりの売得金額やJBC2競走(クラシック・レディスクラシック)売得金額など、多くの売上レコードを更新することができました。

改めて、JBC競走の開催にあたり多大なご支援・ご協力をいただきました関係者の皆様、そしてご参加いただいた全てのファンの皆様に、心から感謝申し上げます。

川崎競馬場は、今回のJBC競走に向けて施設を全面リニューアルし、生まれ変わりました。また、今後川崎競馬ではJpnIの「全日本2歳優駿」及び「川崎記念」、そして風物詩となっている「正月開催」などを実施します。全開催で見応えのあるレースと楽しいイベントを展開し、生まれ変わった川崎競馬場にご来場いただいた皆様、そして全国のファンの皆様に夢と感動をお届けできるよう川崎競馬関係者一同、全力で取り組んでまいりますので、引き続きご支援、ご参加をよろしくお願いいたします。


ページトップへ