川崎競馬ニュース
ホーム > 川崎競馬ニュース > プレイアンドリアル号の引退について

プレイアンドリアル号の引退について

(2014/11/25)

2013年にデビューし、地方競馬所属馬(当時:田部和則厩舎)として2013年の第18回東京スポーツ杯2歳S(GⅢ)を2着、2014年「第54回京成杯GⅢ」を勝利した河津裕昭きゅう舎所属の「プレイアンドリアル」号が平成26年11月18日に引退しましたのでお知らせします。


プレイアンドリアル号
父: (サラ)デュランダル
母: (サラ)シルクヴィーナス
母父: (サラ)ティンバーカントリー
生年月日: 2011年3月22日
生産牧場: 森牧場
生産地: 北海道新冠郡新冠町
調教師: 河津裕昭(川崎)
地方収得賞金: 6,000,000円
中央収得賞金: 50,747,000円
馬主: 岡田 繁幸
戦績: 5戦3勝 (うち中央における戦績3戦1勝)
重賞優勝歴: 2013年9月22日 ジュニアグランプリ(盛岡・重賞)
2014年1月19日 第54 回京成杯GⅢ

プレイアンドリアル号
第54回京成杯GⅢ
(画像提供:川崎競馬倶楽部)

ページトップへ