川崎競馬ニュース
ホーム > 川崎競馬ニュース > スマイルジャック号の引退について

スマイルジャック号の引退について

(2014/10/29)

2007年にJRAでデビューし、2008年フジTVスプリングS(GⅡ)を勝利、その後の東京優駿(GⅠ)を2着、以降、数多くの重賞競走に出走、入着を果たし、関屋記念(GⅢ)、東京新聞杯(GⅢ)を制した後、2013年からは山崎尋美厩舎に所属していた「スマイルジャック」号がこの度引退することとなりました。

この引退セレモニーを平成26年11月3日(祝・月)第7レース終了後に川崎競馬場において行います。


スマイルジャック号
父: (サラ)タニノギムレット
母: (サラ)シーセモア
母父: (サラ)サンデーサイレンス
格: A1
生年月日: 2005年3月8日
生産牧場: 上水牧場
生産地: 北海道鵡川町
調教師: 山崎尋美(川崎)
地方収得賞金: 500,000円(中央獲得賞金:384,983,000円)
馬主: 齊藤 四方司
戦績: 58戦5勝 (うち中央における戦績48戦5勝)
重賞優勝歴: 2008年3月23日 フジTVスプリングS(GⅡ)
2009年8月9日 関屋記念(GⅢ)
2011年2月6日 東京新聞杯(GⅢ)

スマイルジャック号
(2014年10月 OROターフスプリント)
(画像提供:川崎競馬倶楽部)

ページトップへ