川崎競馬ニュース
ホーム > 川崎競馬ニュース >平成21年度川崎競馬の開催を終えて

平成21年度川崎競馬の開催を終えて

平成21年度の川崎競馬は、本日をもちまして今年度の全日程[4月~3月で14開催、64日間]を終了することができました。これもひとえにファンの皆様をはじめ、関係者の皆様のご支援、ご協力の賜物と厚くお礼申し上げます。

平成22年度の開催[4月~3月で13開催、63日間]は、明日4月1日(木)からナイター開催でスタートします。

平成22年度の取り組みとして、競走面では、ロジータ記念を南関東最高格付のSⅠに格上げし、桜花賞、東京プリンセス賞と合わせ南関東3歳牝馬クラシック3冠路線を整備するとともに、JRAのクラシック競走(皐月賞、日本ダービー、菊花賞)の優勝馬を父に持つ馬限定のレース、クラシックジュニアカップを早速、明日4月1日から実施するなど魅力あるレース作りに努めています。

また、ファンサービスにおきましては、恒例の正月開催をはじめ、川崎市内商店街との相互誘客事業の充実など、様々な企画を用意して皆様のご来場をお待ちしております。

これからも、ファンの皆様に楽しんでいただける川崎競馬を目指して、より一層努力してまいりますので、今後ともご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

平成21年度川崎競馬開催成績
年   度 平成21年度 平成20年度
開 催 回 数 14回 14回
開 催 日 数 64日 64日
売  得  金
(対前年度比)
48,394,943,700円
(98.3%)
49,221,113,900円
(98.5%)
1日平均売得金
(対前年度比)
756,170,900円
(98.3%)
769,079,900円
(98.5%)
本場入場者
(対前年度比)
442,516人
(98.7%)
448,401人
(98.4%)
1日平均本場入場者
(対前年度比)
6,914人
(98.7%)
7,006人
(98.4%)


ページトップへ