川崎競馬ニュース
ホーム > 川崎競馬ニュース >開設60周年記念「新重賞用ファンファーレ」の作成について

開設60周年記念「新重賞用ファンファーレ」の作成について

川崎競馬場では、平成22年1月に開設60周年を迎えます。

そこで、川崎市にフランチャイズを置く東京交響楽団に新ファンファーレの作成を依頼し、次のとおり寄贈を受けましたのでお知らせします。

また、贈呈式及びお披露目演奏を川崎記念当日の1月27日(水)に行いますので、新しいファンファーレの華やかな演奏をぜひライブでお楽しみください。


新ファンファーレの内容
  • ダートグレードレース用ファンファーレ「platinum(プラチナ)」
  • 南関東重賞レース用ファンファーレ「gold(ゴールド)」

編成:トランペット3名、ホルン2名、トロンボーン3名、チューバ1名、打楽器2名 計11名

贈呈式及びお披露目演奏
贈呈式 1月27日(水)第 6レース終了後 13時25分頃
お披露目演奏 1月27日(水)第11レース発走前 16時10分頃

上記11名編成による演奏

その他の60周年記念事業
  • 60周年記念レース&3レース優勝枠番当てクイズ

①多摩川オープン(1月28日)

②きさらぎ特別(2月25日)

③卯月特別(4月1日)

上記3レースの優勝枠番をすべて当てた方に豪華賞品をプレゼント

  • 60周年記念誌の作成
  • ゴール板の装飾

ページトップへ