川崎競馬ニュース
ホーム > 川崎競馬ニュース > 平成20年度川崎競馬の開催を終えて

平成20年度川崎競馬の開催を終えて

川崎競馬開催執務委員長

酒井俊夫

平成20年度の川崎競馬は、本日をもちまして今年度の全日程[4月~3月で14開催、64日間]を終了することができました。これもひとえにファンの皆様をはじめ、関係者の皆様のご支援、ご協力の賜物と厚くお礼申し上げます。

平成21年度の開催[4月~3月で14開催、64日間]は、4月13日(月)からナイター開催でスタートします。

平成21年度最大の注目として、6月の第3回開催(メインレース:関東オークス(JpnII))から、現在のキング・ビジョンを横72m×高さ16mの世界最大のビジョンにリニューアルします。新ビジョンによる迫力あるレース映像や多様なコンテンツをお楽しみください。

また、恒例の正月開催をはじめ、重賞競走の新設(川崎マイラーズ:5月)、東海道五十三次~川崎宿を目指して~シリーズレースの充実など、様々な番組・企画を用意して皆様のご来場をお待ちしております。

これからも、ファンの皆様に楽しんでいただける川崎競馬を目指して、より一層努力してまいりますので、今後ともご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

平成20年度川崎競馬開催成績
年度 平成20年度 平成19年度
開催回数 14回 14回
開催日数 64日 64日
売得金
(対前年度比)
49,221,113,900円
( 98.5%)
49,993,257,000円
(101.1%)
 1日平均売得金
 (対前年度比)
769,079,900円
( 98.5%)
781,144,600円
(102.7%)
本場入場者
(対前年度比)
448,401人
( 98.4%)
455,695人
( 95.8%)
 1日平均本場入場者
 (対前年度比)
7,006人
( 98.4%)
7,120人
( 97.3%)

ページトップへ