初心者ガイド

騎手服の色と柄

地方競馬では、騎手の着用する服は所属する競馬場(あるいは常時交流している地区の競馬場)の他の騎手と同じにならないように色や柄を指定しています。騎乗する馬が変わっても同じ騎手服(勝負服)で騎乗します。

川崎競馬場では、騎手自身が12種類のデザインと10色の色の中から3色までを使い、いろいろな組み合わせで選び、届出された服が騎手服として指定されます。

この点は、馬主が決めた服を着用する中央競馬と異なる地方競馬の特色です。

パドックの様子

(川崎所属騎手の騎手服)


ページトップへ