川崎競馬の歴史
ホーム > データ集 > 川崎競馬の歴史

川崎競馬の歴史

神奈川県営、川崎市営競馬の沿革
昭和23年 7月 競馬法が制定されたことにより競馬が公営化されたため、神奈川県農林部畜産課内に競馬第一・第二係を設置した。
10月 馬匹組合連合会から継承された戸塚競馬場で、第1回目の神奈川県営競馬を開催した。
昭和24年 1月 川崎市経済部殖産課内に競技係を設置した。戸塚競馬場で、第1回目の川崎市営競馬を開催した。
2月 神奈川県告示第66号神奈川県競馬事務所設置規程により、神奈川県庁本庁舎内に競馬事務所を設置した。
10月 株式会社川崎競馬倶楽部(現 株式会社よみうりランド)が現在地に競馬場を建設し、神奈川県は5年年賦1億5,369万余円で土地及び施設を買収した。
昭和25年 1月 神奈川県告示第19号により、競馬及び競輪事務所を併せた公営事務所(庶務課、経理課、競馬課、競輪課)を本庁舎内に設置し、神奈川県営第1回川崎競馬を開催した。
5月 川崎市営第1回川崎競馬を開催した。
昭和26年 11月 小向練習場での競走馬への調教を開始した。
昭和29年 12月 昭和25年10月から休止していた戸塚競馬場を廃止した。
昭和31年 10月 神奈川県行政組織規則の改正により、公営事業部から公営事務所となった。
昭和32年 3月 神奈川県は、川崎競馬場を7億円で株式会社関東レース倶楽部(現 株式会社よみうりランド)へ売却し、以後開催の都度、競馬場を借上げ使用し、現在に至っている。
昭和37年 4月 競馬法の一部改正により、昭和38年3月31日をもって開催権が、神奈川県と川崎市となった。ただし、経過規定により横浜市・平塚市の開催権が3年延長(昭和40年3月31日まで)された。
昭和40年 3月 経過規定の延長がさらに3年間認められた(昭和43年3月31日まで)。
昭和43年 3月 戦災指定市(横浜市・平塚市)の競馬開催権が指定切れとなり、4月から神奈川県と川崎市が開催権を取得した。
昭和45年 4月 東京都が開催権を放棄、これにより開催回数が1回分増(川崎市営分として)、以後、組合設立前の開催回数である神奈川県営10回、川崎市営5回、計15回となる。
昭和46年 3月 3号Cスタンド(R・C造4階建)完成
-3号A・B・Cスタンドを合わせ3号館と呼称-
昭和58年 12月 1号スタンド完成。
平成2年 1月 佐々木竹見騎手、平成元年プロスポーツ功労賞受賞。
平成5年 1月 シンボルマーク、マスコットキャラクター決定「カツマルくん」。
平成7年 4月 ナイター照明設備、映像装置、馬場内投票所、芝生広場及び馬場内駐車場が完成した。
5月 ナイター競馬「スパーキングナイター」を開始するとともに、JRAとの交流競走を開始した。
平成8年 4月 南関東4競馬場で共同開発した電話投票システム(SPAT4)を導入した。
平成9年 4月 2号スタンド完成。

神奈川県川崎競馬組合営競馬の沿革
平成12年 2月 自治許第43号により、神奈川県及び川崎市を構成団体とした一部事務組合「神奈川県川崎競馬組合」の設立が許可された。
4月 現在地に「神奈川県川崎競馬組合」を設立。
平成13年 7月 佐々木竹見騎手が8日第10レース・ラストラン競走を最後に引退
生涯成績39092戦7153勝(中央2勝を含む)世界歴代6位。
平成14年 4月 新賭式「三連勝式馬券(単式・複式)」を導入した。
佐々木竹見記念ギャラリーオープン。
平成15年 1月 第1回佐々木竹見カップJGP開催。
4月 南関東4競馬場共同ホームページの運用及びインターネット投票(SPAT4)を開始した。
6月 馬場正面に、発光ダイオードを使用した世界最大面積(当時)を有する大型映像装置「キング・ビジョン」を新設し、下見所の映像装置も「パドック・シアター」としてリニューアルした。
8月 第2入場門横に、川崎競馬で活躍した競走馬・騎手等の大型写真を掲示した「ヴィクトリーパネル」を設置した。
平成16年 1月 森下博騎手が日本プロスポーツ大賞功労賞に輝く。
平成17年 5月 SPAT4でネットバンクサービスを開始した。
6月 第2入場門横に川崎所属ジョッキーの紹介パネルを設置した。
平成18年 1月 町田騎手が日本プロスポーツ大賞新人賞に輝く。
6月 川崎競馬場1号スタンド4階に新ボックス席を設置し、特観席・指定席券売場を2号スタンド1階に移設した。
11月 当場で初めてとなる地方競馬の祭典、第6回JBC競走(2日間)を開催した。
平成19年 1月 3年ぶりに正月競馬を開催、以後、正月開催が固定化した。
2月 楽天競馬でのインターネット投票を開始した。
5月 今野騎手の長年の児童養護施設への寄付に対して、神奈川県知事より感謝状が贈られた。
10月 カツマルくんカードを導入した。
平成20年 4月 1号スタンドにファン休憩所「スパーキングルーム」とキッズルーム「キッズカツマル」(名称公募)を開設した。
7月 特別観覧席及び指定席の予約システムを導入。CNプレイガイドでのインターネット前売を開始。
12月 今野騎手が長年の社会貢献により「まちかどのフィランソロピスト賞」受賞。

ページトップへ