重賞アーカイブス
ホーム > データ集 > 重賞アーカイブス > 第62回 全日本2歳優駿 (JpnⅠ) (2011年12月14日)

第62回 全日本2歳優駿 (JpnⅠ) (2011年12月14日)

1.最後の直線1 2.最後の直線2 3.ゴール前
1.最後の直線 2.ゴール前 3.口取りにて
1.最後の直線1    
4.表彰式    

※写真をクリックすると拡大します。

  • 1周目の直線~第1コーナー
    中館騎手鞍乗の圧倒的1番人気オーブルチェフが躓き、出遅れたスタート。
  • 第1コーナー
    7番人気のへヴンズパワーと2番人気メジャーアスリートが競り合うように先行。3馬身ほど離れてヴェアリアスムーン、コスモワイルドと続く。
  • 第4コーナー
    スタートで出遅れたオーブルチェフが後方から一気に2番手まで上がっていく。
  • 最後の直線
    直線に入ると、オーブルチェフがメジャーアスリートをかわし、最後は抑えて1着でゴールイン。スタートの出遅れを感じさせず、貫禄の4連勝。
  • 口取りにて
    勝ったオーブルチェフは、父Malibu Moon、母Chatter Chatter(その父Lost Soldier)の牡2歳栗毛馬。通算成績は、5戦4勝。(ダート4戦4勝)
  • 表彰式後の記念撮影にて

[関係者のコメント]

  • 中館英二騎手
    「出遅れてヒヤッとしましたが、馬は落ち着いて走ってくれました。向正面で上がっていければと思い、それでも馬の力で勝たせてもらいました。まだ暫くは負けられないので、応援よろしくお願いします。」

第62回 全日本2歳優駿(JpnⅠ) (2011年12月14日)・ダート1600m

着順 馬名(所属場) 性齢 負担重量 騎手 調教師 人気
1 着 オーブルチェフ (JRA) 牡2 55kg 中館英二 萩原清 1番人気
2 着 メジャーアスリート(JRA) 牡2 55kg 蛯名正義 高木登 2番人気
3 着 ヴェアリアスムーン(JRA) 牡2 55kg 岩田康誠 田島良保 3番人気

成績の詳細については、南関東4競馬場公式ウェブサイトをご覧ください

ページトップへ