重賞アーカイブス
ホーム > データ集 > 重賞アーカイブス > 第15回 ホクトベガメモリアル スパーキングレディーカップ (JpnⅢ) (2011年7月6日)

第15回 ホクトベガメモリアル スパーキングレディーカップ (JpnⅢ) (2011年7月6日)

1.最後の直線1 2.最後の直線2 3.ゴール前
1.最後の直線 2.ゴール前 3.勝利騎手の武豊騎手(中央)とイメージキャラクターである磯山さやかさん(左)
4.口取りにて  
4.表彰式後の記念撮影にて  

※写真をクリックすると拡大します。

  • 1周目の直線~第1コーナー
    各馬好スタート。第1コーナーでラヴェリータが先手を取り先頭に立った。1馬身半ほど離れてスズリスペクト、トーホウドルチェと続く。
  • 第4コーナー
    ラヴェリータが早々に仕掛け、後続との差を2馬身から3馬身と広げ第4コーナーを通過。
  • 最後の直線
    最後の直線に入っても、後続との差を6馬身とさらに広げ、ラヴェリータが逃げ切って圧勝。58kgという斤量を全く感じさせず、他の馬との格の違いを見せつけ、3連覇を達成した。
  • 口取りにて
    勝ったラヴェリータは、父Unbridled's Song、母Go Classic(その父Gone West)の牝5歳芦毛馬。通算成績は、28戦11勝(うち中央4勝)。
  • 表彰式後の記念撮影にて

[関係者のコメント]

  • 武豊騎手
    「行ける展開なら行こうと思い、うまく先頭に立てて、道中の手応えも十分でした。さすがに牝馬で58kgなので、最後まで気が抜けませんでしたが、この馬のいいパフォーマンスをみせてくれました。」

第15回 ホクトベガメモリアル スパーキングレディーカップ (JpnⅢ) (2011年7月6日)・ダート1600m

着順 馬名(所属場) 性齢 負担重量 騎手 調教師 人気
1 着 ラヴェリータ(JRA) 牝5 58kg 武豊 松元茂樹 2番人気
2 着 トーホウドルチェ(JRA) 牝6 56kg 幸英明 田島良保 3番人気
3 着 アイアムアクトレス(JRA) 牝3 53kg 秋山真一郎 長浜博之 1番人気

成績の詳細については、南関東4競馬場公式ウェブサイトをご覧ください

ページトップへ