重賞アーカイブス
ホーム > データ集 > 重賞アーカイブス > 東京中日スポーツ賞 第14回 クラウンカップ (SⅢ) (2011年4月15日)

東京中日スポーツ賞 第14回 クラウンカップ (SⅢ) (2011年4月15日)

1.最後の直線1 2.最後の直線2 3.ゴール前
1.最後の直線1 2.最後の直線2 3.ゴール前
4.口取りにて 5.表彰式後の記念撮影にて
4.口取りにて 5.表彰式後の記念撮影にて

※写真をクリックすると拡大します。

  • 1周目の直線
    マルヒロブライティ、タイセイヴィグラス、ナターレの3頭が飛び出し先頭集団を形成。2番人気ドラゴンウィスカーが後ろに続く。
  • 第4コーナー
    タイセイヴィグラス、ナターレが先頭で通過し2頭の争いと思われる。
  • 最後の直線
    ナターレの先頭は変わらず、2番手集団を抜けたドラゴンウィスカーに猛烈なラストスパートでヴェガスが追い上げる。ナターレがそのまま逃げ切り優勝、ゴール直前でヴェガスがドラゴンウィスカーを交わし2着、3着にドラゴンウィスカーが入った。
  • 口取りにて
    勝ったナターレは、父クロフネ、母ロージーチャーム(その父ダンスインザダーク)の牝3歳芦毛馬。通算成績は5戦3勝、重賞初制覇。
  • 表彰式後の記念撮影にて

[関係者のコメント]

  • 的場文男騎手
    「いい競馬ができました。最後は少し脚色が衰えたけど頑張ってくれました。えらい馬です。」

東京中日スポーツ賞 第14回 クラウンカップ (SⅢ) (2011年4月15日) ダート1600m

着順 馬名(所属場) 性齢 負担重量 騎手 調教師 人気
1 着 ナターレ(川崎) 牝3 53.0kg 的場文男 内田勝義 5番人気
2 着 ヴェガス(川崎) 牡3 55.0kg 酒井 忍 八木 仁 14番人気
3 着 ドラゴンウィスカー(船橋) 牡3 56.0kg 水野貴史 山本 学 2番人気

成績の詳細については、南関東4競馬場公式ウェブサイトをご覧ください

ページトップへ