重賞アーカイブス
ホーム > データ集 > 重賞アーカイブス > 第47回 報知オールスターカップ(SIII) (2011年1月3日)

第47回 報知オールスターカップ(SIII) (2011年1月3日)

1.1周目の直線 2.最後の直線 3.ゴール前
1.1周目の直線 2.最後の直線 3.ゴール前
4.口取りにて 5.表彰式後の記念撮影にて
4.口取りにて 5.表彰式後の記念撮影にて

※写真をクリックすると拡大します。

  • 1周目の直線
    2番人気のマグニフィカ、高知のグランシュヴァリエ、1番人気のブルーラッド の3頭が前に出る。
  • 第4コーナー
    3番人気ボランタスが後方から一気に先頭を伺い、ブルーラッド、グランシュヴァリエの3頭とコーナーを通過。
  • 最後の直線
    ボランタスがそのまま後続を引き離し圧勝。2着にはブルーラッド、3着にはタンゴノセックが入った。
  • 口取りにて
    ボランタスは父ティンバーカントリー、母ブライダルスイート、母の父サンデーサイレンスという血統の牡7歳。元JRAの馬で昨年5月に川崎に移籍後は6月の浦和・ゴールドカップ(SⅢ)を制して以来、これで重賞2勝目となった。通算成績は24戦7勝。
  • 表彰式後の記念撮影にて

[関係者のコメント]

  • 山崎誠士騎手
    「2011年の最初からこういうスタートが切れて非常に嬉しいです。馬がどんどん良くなっているので落ち着いて乗りました。ダートグレード競走でもいい勝負ができると思うので頑張りたいです。2011年も川崎競馬を盛り上げていきたいと思うので応援よろしくお願いします。」
  • 山崎尋美調教師
    「オーナーにお願いして、東京大賞典を使わずにここを照準にやってきたので、勝てて非常に嬉しいです。前走から馬がシャキッとしてきて自信を持ってレースに臨めました。ジョッキーには「内にいれるな」ということとJRA相手ではないのでスローペースに注意していくように言っていました。第4コーナーをまわった時に勝利を確信しました。今後は川崎記念を使う予定で今日のレースに挑んだので、しっかり仕上げていきたいです。

第47回 報知オールスターカップ(SIII) (2011年1月3日) ダート2100m

着順 馬名(所属場) 性齢 負担重量 騎手 調教師 人気
1 着 ボランタス(川崎) 牡7 57.0kg 山崎誠士 山崎尋美 3番人気
2 着 ブルーラッド(川崎) 牡5 57.0kg 御神本訓史 足立勝久 1番人気
3 着 タンゴノセック(川崎) 牡7 55.0kg 今野忠成 池田 孝 8番人気

成績の詳細については、南関東4競馬場公式ウェブサイトをご覧ください

ページトップへ