重賞アーカイブス
ホーム > データ集 > 重賞アーカイブス > デイリー盃 第21回ロジータ記念(SI)(2010年11月17日)

デイリー盃 第21回ロジータ記念(SI)(2010年11月17日)

1.1周目の直線 2.最後の直線 3.ゴール前
1.1周目の直線 2.最後の直線 3.ゴール前
4.口取りにて 5.表彰式後の記念撮影にて
4.口取りにて 5.表彰式後の記念撮影にて

※写真をクリックすると拡大します。

  • 1周目の直線
    スタート直後飛び出したのは、センゲンコスモ。それを追う形でスズリスペクト、テイエムウミユキが追う格好。終盤までこの3頭が引っ張る。
  • 第4コーナー
    中団で待機していた2番人気ショウリダバンザイが徐々に順位を上げてくる。断然の1番人気に押されたハーミアが好位で追走。
  • 最後の直線
    前方の6頭を一気に抜き去り、そのままショウリダバンザイが1着でゴール。2着は1番人気のハーミア、3着に5番人気のプリマビスティーが入った。
  • 口取りにて
    ショウリダバンザイは父プリサイスエンド、母オレンジスペシャル(その父ジェイドロバリー)という血統の牝馬。通算成績は12戦6勝。
  • 表彰式後の記念撮影にて

[関係者のコメント]

  • 御神本訓史騎手
    「追い切りがよかったのでこの馬の良さを引き出せるようにと、何とか折り合いを付けて、ギリギリ我慢してくれました。直線は弾けてくれました。重賞を勝てたのは関係者の皆さんのおかげです。ありがとうございました。」
  • 高岩孝敏調教師
    「強い勝ち方ができて大変嬉しいです。御神本騎手には、終盤の脚はいいものを持っているので出たなりのポジションでいってくれとは話していました。ハーミアが強いと思っていましたので、ポジション取りを見ていたらハーミアマークのような位置取りになっていましたが結果的に勝てて満足です。馬も成長して思った以上に強かったので次走はシンデレラマイルを目標に頑張ります。」

デイリー盃 第21回ロジータ記念(SI)(2010年11月17日) ダート2100m

着順 馬名(所属場) 性齢 負担重量 騎手 調教師 人気
1 着 ショウリダバンザイ(大井) 牝3 54.0kg 御神本訓史 高岩孝俊 2番人気
2 着 ハーミア(大井) 牝3 54.0kg 戸崎 圭太 荒山勝徳 1番人気
3 着 プリマビスティー(船橋) 牝3 54.0kg 左海 誠二 岡林光浩 5番人気

成績の詳細については、南関東4競馬場公式ウェブサイトをご覧ください

ページトップへ