重賞アーカイブス
ホーム > データ集 > 重賞アーカイブス > 神奈川新聞社賞 第39回戸塚記念(SIII)(2010年9月8日)

神奈川新聞社賞 第39回戸塚記念(SIII)(2010年9月8日)

1.1周目の直線 2.第4コーナー 3.最後の直線
1.1周目の直線 2.第4コーナー 3.最後の直線
4.口取りにて 5.表彰式後の記念撮影にて
4.口取りにて 5.表彰式後の記念撮影にて

※写真をクリックすると拡大します。

  • 1周目の直線
    6番人気のジーエスライカー、11番人気のウインクゴールド、1番人気のハーミアがスーッと前へ出て上位グループを形成。この上位3頭は終盤までこの順位のまま推移。8番人気ミヤビジンダイコ、5番人気ビクトリースガが後方から追う形。
  • 第4コーナー
    2周目正面から、最後方にいたビクトリースガが一気に仕掛け、前方の馬をすべて抜き去り先頭のハーミアに並びかける。すぐ後ろにつけたウインクゴールドとともに三つ巴の戦いかと思われる。
  • 最後の直線
    ハーミアとビクトリースガが激しく優勝を争う中、後方からミヤビジンダイコが猛烈にスパート。優勝はハーミア、2位はビクトリースガ、3位はミヤビジンダイコという結果に。
  • 口取りにて
    父はフィガロ、母はサマーシェイクス(その父ジェイドロバリー)という血統の牝馬で、大井・荒山勝徳調教師の管理馬。通算成績は14戦4勝で重賞は初制覇。
  • 表彰式後の記念撮影にて

[関係者のコメント]

  • 戸崎圭太騎手
    「前走は少し力んだので折り合いに専念しましたが、スタートが良く自然に3番手に付けられました。元気よく走ってくれて、直線で並ばれても力は十分に残っていたので安心して乗っていました。力のある馬で今後も期待しているので、皆さんも応援よろしくお願いします。」
  • 荒山勝徳調教師
    「今回は完調とはいかないまでもそれに近い形で仕上げることができました。戸崎騎手には何も言わず、ただ信じて任せました。素直で乗りやすい馬なので、古馬とのレースになっても引けを取らないと思います。この先も1つでも2つでも多くのタイトルを取って欲しいです。」

神奈川新聞社賞 第39回戸塚記念(SIII)(2010年9月8日)ダート2100m

着順 馬名(所属場) 性齢 負担重量 騎手 調教師 人気
1 着 ハーミア(大井) 牝3 53.0kg 戸崎圭太 荒山勝徳 1番人気
2 着 ビクトリースガ(川崎) 牡3 55.0kg 町田直希 秋山重美 5番人気
3 着 ミヤビジンダイコ(川崎) 牡3 55.0kg 山崎誠士 武井榮一 8番人気

成績の詳細については、南関東4競馬場公式ウェブサイトをご覧ください

ページトップへ