重賞アーカイブス
ホーム > データ集 > 重賞アーカイブス > 日刊スポーツ賞 第7回スパーキングサマーカップ(SIII)(2010年8月20日)

日刊スポーツ賞 第7回スパーキングサマーカップ(SIII)(2010年8月20日)

1.1周目の直線 2.第4コーナー 3.最後の直線
1.1周目の直線 2.第4コーナー 3.最後の直線
4.口取りにて 5.表彰式後の記念撮影にて
4.口取りにて 5.表彰式後の記念撮影にて

※写真をクリックすると拡大します。

  • 1周目の直線
    3番人気の名古屋・キングスゾーンと1番人気サプライズゲストの2頭が後方を引っ張る形で先頭に。2番人気ディアーウィッシュは3番手を追走。
  • 第4コーナー
    サプライズゲストとディアーウィッシュがスーッと前に。キングスゾーンが遅れ出す。
  • 最後の直線
    サプライズゲストとディアーウィッシュの一騎打ちかと思われたが、後方から6番人気ベルモントプロテアが猛烈に追い上げる。ディアーウィッシュは混戦を脱し1着でゴール、サプライズゲストをゴール直前でかわしたベルモントプロティアが2着となった。
  • 口取りにて
    ディアーウィッシュは父クロフネ、母メインタイトル(その父ラーイ)という血統の牡馬。通算成績は37戦7勝。
  • 表彰式後の記念撮影にて

[関係者のコメント]

  • 今野忠成騎手
    「川島君の馬(サプライズゲスト)がいい走りをしていたので、あまり前に置かれないように意識して乗りました。あとは馬が力を出してくれたので勝てました。まだまだ上のクラスと戦っても力は通用すると思います。これからも頑張りますので応援よろしくお願いします。」
  • 出川克己調教師
    「今日は走ってくれる自信はありました。ペース次第で番手の競馬もできると思っていました。距離は長いところも走ってくれると思います。この後は一休みして次を考えたいと思います。」

日刊スポーツ賞 第7回 スパーキングサマーカップ(SIII)・ダート1600m

着順 馬名(所属場) 性齢 負担重量 騎手 調教師 人気
1 着 ディアーウィッシュ(船橋) 牡6 57kg 今野忠成 出川克己 2番人気
2 着 ベルモントプロテア(船橋) 牝6 55kg 石崎 駿 椎名廣明 6番人気
3 着 サプライズゲスト(船橋) 牡4 57kg 川島正太郎 川島正行 1番人気

成績の詳細については、南関東4競馬場公式ウェブサイトをご覧ください

ページトップへ