重賞アーカイブス
ホーム > データ集 > 重賞アーカイブス > 第46回 農林水産大臣賞典 関東オークス(JpnII)(2010年6月16日)

第46回 農林水産大臣賞典 関東オークス(JpnII)(2010年6月16日)

1.1周目の直線 2.最後の直線 3.ゴール前
1.1周目の直線 2.最後の直線 3.ゴール前
4.口取りにて 5.表彰式後の記念撮影にて
4.口取りにて 5.表彰式後の記念撮影にて

※写真をクリックすると拡大します。

  • 1周目の直線
    序盤からJRAのアイシークレットが後続を引き離す。それをギンガセブンが追い、好位置にキョウエイトリガー、シンメイフジ、ハーミア、アドマイヤオンリーが続く。
  • 最後の直線
    3コーナー手前から後続集団が徐々に差を詰め、4コーナーでは1番人気シンメイフジが2番手に。
  • ゴール前
    シンメイフジが抜け出しそのまま優勝、2着に中団から追い込んだ4番人気ハーミアが、クビ差の3着に10番人気のギンガセブンが粘る形となり、序盤からハイペースで逃げたアイシークレットは8着に終わった。
  • 口取りにて
    勝ったシンメイフジはJRA芝重賞の新潟2歳ステークスの勝ち馬だが、今回は初のダート挑戦で見事人気に応えた。
  • 表彰式後の記念撮影にて

[関係者のコメント]

  • 内田博幸騎手
    「ダートもナイターも初めてなのでいい位置を取れればと思って乗ったが、前が引っ張ってくれたので今日は気持ちよく走ってくれた。勝てたのは馬の力だと思う。」
  • 安田隆行調教師
    「オークスで結果が出なかったが、終わってから状態も良かったので関東オークス出場を決めた。ゲート内でフワフワするので出遅れだけを気をつけるようにジョッキーに話したが、完璧に乗ってくれた。道中は安心して見ることができたし、最後はゴールよ早く来い!と思っていた。今日の結果で今後はダート路線も視野に入れて考えていきたい。本当に勝ててよかった。」

第46回 農林水産大臣賞典 関東オークス(JpnⅡ)・ダート2100m

着順 馬名(所属場) 性齢 負担重量 騎手 調教師 人気
1 着 シンメイフジ(JRA) 牝3 54kg 内田博幸 安田隆行 1番人気
2 着 ハーミア(大井) 牝3 54kg 今野忠成 荒山勝徳 4番人気
3 着 ギンガセブン(船橋) 牝3 54kg 本橋孝太 坂本 昇 10番人気

成績の詳細については、南関東4競馬場公式ウェブサイトをご覧ください

ページトップへ