重賞アーカイブス
ホーム > データ集 > 重賞アーカイブス >農林水産大臣賞典 第59回川崎記念(JpnI)(2010年1月27日)

農林水産大臣賞典 第59回川崎記念(JpnI)(2010年1月27日)

1.1周目の直線 2.最後の直線 3.ゴール前
1.1周目の直線 2.最後の直線 3.ゴール前
4.口取りにて 5.表彰式後の記念撮影にて
4.口取りにて 5.表彰式後の記念撮影にて

※写真をクリックすると拡大します。

  • 1周目の直線
    川崎競馬場最大のレース「川崎記念」。今年はJRAからGI・JpnI8勝のヴァーミリアンを含め5頭が参戦。迎え撃つ地方勢はGI・JpnI3勝のフリオーソを筆頭に6頭が出走。
    レースは、好スタートを切った3番人気フリオーソの内から1番人気のヴァーミリアンが並びかけ、2頭が抜けだす形で最初のコーナーへ。コーナーに入ったところでフリオーソが先頭に立ち、ヴァーミリアンは2番手に控える。3番手に2番人気のゴールデンチケットが付け、人気3頭が先団を形成して1周目の直線を通過。
  • 最後の直線
    4コーナーに入ると逃げるフリオーソの鞍上の手が動き始める。一方、ヴァーミリアンは馬なりのまま外からフリオーソに並びかける。直線に入り追い出しを開始されたヴァーミリアンが、馬体を併せフリオーソを交しにかかるが、フリオーソもしぶとく粘る。
  • ゴール前
    最後はヴァーミリアンがフリオーソをクビ差交して、2分12秒7のレコードタイムで優勝。1馬身1/2差の3着にテスタマッタ。ゴールデンチケットは2馬身差の4着。
  • 口取りにて
    ヴァーミリアンは2007年に同競走を制しており、2度目の優勝。GI・JpnI9勝とし、自身の持つ国内最多勝記録を更新。石坂正調教師はヴァーミリアンで同競走2勝目。武豊騎手は2005年タイムパラドックスでの制覇に次ぐ2勝目。
  • 表彰式後の記念撮影にて

[関係者のコメント]

  • 武豊騎手
    「スタートにだけ気を付けて、あとはいつも乗っている馬なので、馬の行く気に任せました。自分から行く手もありましたが、2番手で丁度いい位置取りでした。早めにつかまえに行きましたが、最後まで力強く伸びてくれて、レコードとなりました。本当にこの馬には頭が下がります。僕自身、今年初めてのGIを勝つことができて、とてもうれしく思います。」
  • 石坂正調教師
    「ここでは負けられないと思っていたので、勝てて良かったです。今日まで順調に変わりなく来ることができました。前が有利な馬場なので、「前でレースを」とジョッキーと話していました。最後の直線は何とか交してくれてホッとしています。ずっと元気なので、まだまだ走れると思い、今日も期待していました。今後は、GI10勝目を目指します。」

農林水産大臣賞典 第59回川崎記念(JpnI)・ダート2100m

着順 馬名(所属場) 性齢 負担重量 騎手 調教師 人気
1 着 ヴァーミリアン 牡8 57kg 武豊 石坂正 1 番人気
2 着 フリオーソ  牡6 57kg M.デムーロ 川島正行 3 番人気
3 着 テスタマッタ 牡4 56kg 岩田康誠 村山明 4 番人気

成績の詳細については、南関東4競馬場公式ウェブサイトをご覧ください

ページトップへ