重賞アーカイブス
ホーム > データ集 > 重賞アーカイブス > 第46回 報知オールスターカップ(SIII)(2010年1月3日)

第46回 報知オールスターカップ(SIII)(2010年1月3日)

1.1周目の直線 2.最後の直線 3.ゴール前
1.1周目の直線 2.最後の直線 3.ゴール前
4.口取りにて 5.表彰式後の記念撮影にて
4.口取りにて 5.表彰式後の記念撮影にて

※写真をクリックすると拡大します。

  • 1周目の直線
    2010年最初の重賞「報知オールスターカップ」。今年は笠松から2頭、高知から2頭が参戦。南関東勢は川崎から4頭、浦和から1頭、船橋から4頭、大井から1頭が出走し、フルゲート14頭により白熱のレースが展開された。
    レースは押してシスターエレキングが先頭へ。ブライトフェースが2番手、高知のグランシュヴァリエ3番手、3番人気のマズルブラストは好位の内目につける。1番人気、笠松のマルヨフェニックスと2番人気のライジングウェーブは中団を内外並ぶように追走。
  • 最後の直線
    3コーナーで逃げたシスターエレキングが一杯となり、グランシュヴァリエが馬ナリのまま先頭に並びかけ、抜群の手応えで最後の直線へ。グランシュヴァリエが抜け出しにかかるところに、直後につけていたマズルブラストが内を突いて並びかける。外からは3コーナー手前から追い上げたライジングウェーブ。
  • ゴール前
    最後はマズルブラストが半馬身抜け出して優勝。2着グランシュヴァリエ、3/4馬身差の3着にライジングウェーブ。1番人気のマルヨフェニックスは3コーナー手前から外に持ち出して追い上げるも、最後の直線伸びを欠き8着。
  • 口取りにて
    マズルブラストは同競走初制覇。重賞は2006年東京記念、2007年大井記念に次ぐ3勝目。川崎記念の優先出走権を獲得。川島正行調教師は、2000年サプライズパワー、2002年フジノテンビーに次ぐ同競走3勝目。戸崎圭太騎手は初勝利。
  • 表彰式後の記念撮影にて

[関係者のコメント]

  • 戸崎圭太騎手
    「いつも勝ちたいと思っていた馬なので、勝つことができてよかったです。休養から帰ってきて、馬は充実していましたが、なかなか勝ち切れませんでした。今日は相手が強かったのですが、勝負根性を出して差し切ってくれました。8歳馬ですが、最近力をつけてきたので、今後もよい脚を見せてくれると思います。ファンの皆さんの応援が力になるので、今後もよろしくお願いします。」
  • 川島正行調教師
    「お正月に重賞を勝つことができてうれしく思います。戸崎騎手には、砂を被らないように4コーナーでは外に出すよう指示していました。ライジングウェーブに外から被せられてしまいましたが、内があいてよく抜け出してくれました。58kgを背負っていましたが、道中内で我慢していたことが最後の伸びにつながったと思います。今後は金杯を予定していましたが、権利を得ることができたので、川崎記念に向かおうかと考えています。」

第46回 報知オールスターカップ(SIII)・ダート2100m

着順 馬名(所属場) 性齢 負担重量 騎手 調教師 人気
1 着 マズルブラスト 牡8 58kg 戸崎圭太 川島正行 3 番人気
2 着 グランシュヴァリエ 牡5 55kg 赤岡修次 雑賀正光 8 番人気
3 着 ライジングウェーブ 牡7 56kg 酒井忍 岡林光浩 2 番人気

成績の詳細については、南関東4競馬場公式ウェブサイトをご覧ください

ページトップへ