重賞アーカイブス
ホーム > データ集 > 重賞アーカイブス > 日刊スポーツ賞 第6回 スパーキングサマーカップ競走(SIII)(2009年8月19日)

日刊スポーツ賞 第6回 スパーキングサマーカップ競走(SIII)(2009年8月19日)

1.1周目の直線 2.最後の直線 3.ゴール前
1.1周目の直線 2.最後の直線 3.ゴール前
4.口取りにて 5.表彰式後の記念撮影にて
4.口取りにて 5.表彰式後の記念撮影にて

※写真をクリックすると拡大します。

  • 1周目の直線
    川崎マイラーズ(SIII)から始まる南関東夏のマイル路線の最終戦。2007年から地方交流競走となり、今年は笠松から2頭、愛知から1頭、高知から1頭が参戦。南関東からは、川崎3頭、浦和1頭、船橋3頭、大井2頭の9頭が出走し、13頭により白熱のレースが展開された。
    レースはトライアルを逃げ切ったゴールドイモンが出ムチを入れて先頭へ。1番人気のマンオブパーサーは好位の外目につけ、笠松のマルヨフェニックスはその直後の最内を追走。
  • 最後の直線
    最後の直線に入り、2番手につけていたヴァイタルシーズが先頭に立ち、粘りこみを図るが、先行馬の外に持ち出したマルヨフェニックスが伸びてくる。
  • ゴール前
    ゴール前100m程のところでヴァイタルシーズを捉えたマルヨフェニックスが、ルースリンド、マンオブパーサーの追撃を振り切って優勝。他地区所属馬による同競走初制覇となった。
  • 口取りにて
    マルヨフェニックスは同競走初制覇、南関東重賞は2007年の黒潮盃(SII)以来となる2勝目。日本テレビ盃(JpnII)の優先出走権を獲得。柴田高志調教師(笠松)、尾島徹騎手(笠松)ともに同競走初勝利。
  • 表彰式後の記念撮影にて

[関係者のコメント]

  • 尾島徹騎手
    「位置どりは、石崎駿騎手の後ろ、4~5番手でよいと思っていました。手応えが良かったので直線は外に持ち出しました。相手は強かったのですが、この馬自身良い末脚を使ってくれました。大きなレースを勝たせてもらい、馬主さんや柴田先生には感謝しています。この馬はダートグレード競走も狙える力があると思うので、これからも応援よろしくお願いします。」
  • 柴田高志調教師
    「前走は強い勝ち方をしてくれたものの、今日は左回りということでその点だけが心配でしたが、上手く回ってきてくれました。スタートは年々悪くなってきましたが、その分最後に良い脚を使えるようになりました。今日は考えていたとおりの競馬でしたが、最後はハラハラしました。距離は1,600m~1,800mくらいが合っています。」

日刊スポーツ賞 第6回 スパーキングサマーカップ競走(SIII)・ダート1600m

着順 馬名(所属場) 性齢 負担重量 騎手 調教師 人気
1 着 マルヨフェニックス(笠松) 牡 5 57kg 尾島徹 柴田高志 2 番人気
2 着 ルースリンド(船橋) 牡 8 59kg 石崎隆之 矢野義幸 4 番人気
3 着 マンオブパーサー(船橋) 牡 6 58kg 戸崎圭太 川島正行 1 番人気

成績の詳細については、南関東4競馬場公式ウェブサイトをご覧ください

ページトップへ