重賞アーカイブス
ホーム > データ集 > 重賞アーカイブス > 農林水産大臣賞典第45回関東オークス(JpnII)(2009年6月17日)

農林水産大臣賞典第45回関東オークス(JpnII)(2009年6月17日)

1.1周目の直線 2.最後の直線 3.ゴール前
1.1周目の直線 2.最後の直線 3.ゴール前
4.口取りにて 5.表彰式後の記念撮影にて
4.口取りにて 5.表彰式後の記念撮影にて

※写真をクリックすると拡大します。

  • 1周目の直線
    3歳牝馬ダート路線唯一のJpnII、関東オークス。今年はJRAから4頭、金沢から1頭、笠松から3頭が参戦。南関東からは川崎3頭、船橋2頭、大井1頭の計6頭が出走。
    レースは好スタートのサクラミモザの内から押してアンペアが先頭へ。単勝1.3倍、1番人気のラヴェリータはスタートで後手を踏んだものの押して好位に取りつく。
  • 最後の直線
    好位3番手追走のラヴェリータは3コーナー過ぎから追い出し、直線半ばで逃げたアンペアを交わし先頭へ。
  • ゴール前
    先頭のラヴェリータは後続との差を広げ、2着に5馬身差の圧勝。道中好位の内4番手につけていたツクシヒメが、逃げ粘るアンペアをクビ差交わして2着。
  • 口取りにて
    ラヴェリータは重賞初勝利。松元茂樹調教師、岩田康誠騎手ともに同レース初勝利。
  • 表彰式後の記念撮影にて

[関係者のコメント]

  • 岩田康誠騎手
    「本来は先行逃げ切り型の馬ですが、今日はスタートが良くなかったこともあり、3番手から折り合いに気をつけて乗りました。思った以上に強い競馬ができました。これからも、もっと期待に応えられるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします。」
  • 松元茂樹調教師
    「スタートが悪く、ハナに行けなかったので心配しましたが、うまく運んでくれました。3コーナー辺りで手応えが良かったので、良いところには来ると思いました。能力が高く、度胸もある馬で、川崎に来ても怯むような様子はありませんでした。これからも順調に成長してほしいと思います。」

農林水産大臣賞典第45回関東オークス(JpnII)・ダート2100m

着順 馬名(所属場) 性齢 負担重量 騎手 調教師 人気
1着 ラヴェリータ(JRA) 牝3 54kg 岩田康誠 松元茂樹 1番人気
2着 ツクシヒメ(船橋) 牝3 54kg 坂井英光 山浦武 6番人気
3着 アンペア(川崎) 牝3 54kg 的場文男 池田孝 8番人気

成績の詳細については、南関東4競馬場公式ウェブサイトをご覧ください

ページトップへ