重賞アーカイブス
ホーム > データ集 > 重賞アーカイブス > 東京スポーツ賞第1回川崎マイラーズ(SIII)(2009年5月20日)

東京スポーツ賞第1回川崎マイラーズ(SIII)(2009年5月20日)

1.1周目の直線 2.最後の直線 3.ゴール前
1.1周目の直線 2.最後の直線 3.ゴール前
4.口取りにて 5.表彰式後の記念撮影にて
4.口取りにて 5.表彰式後の記念撮影にて

※写真をクリックすると拡大します。

  • 1周目の直線
    今年新設された川崎マイラーズ。重賞勝ち馬8頭を含む14頭が出走。注目は川崎のマイル戦3連勝中のノースダンデー。
    単勝1.6倍と断然の1番人気に支持されたノースダンデーは、ゲートを五分に出て外目の3番手につける。
  • 最後の直線
    3コーナー手前で逃げたアントニオマグナムが一杯となり、2番手につけていたロイヤルボスが先頭に立とうとするところに、抜群の手応えでノースダンデーが並びかける。
    最後の直線に入り、追い出しにかかるとノースダンデーが楽に抜け出す。
  • ゴール前
    先行集団直後につけていたマンオブパーサーも伸びてくるが、最後まで2頭の差は詰まらず、1馬身1/2差をつけてノースダンデーが優勝。
  • 口取りにて
    ノースダンデーは川崎のマイル戦4連勝で川崎マイラーズ初代優勝馬に。重賞は平成19年の平和賞以来2度目。
  • 表彰式後の記念撮影にて

[関係者のコメント]

  • 左海誠二騎手
    「2歳で重賞を勝ち、クラシックは一息の成績でしたが、ここにきて力をつけてきました。後ろから来る馬が怖かったのですが、手応えが抜群で直線半ばでは勝利を確信しました。期待に応えられてホッとしています。川崎のマイルは特に得意なコースですが、距離が延びても大丈夫ですし、今後、もっと力をつけていくと思いますので、応援よろしくお願いします。」
  • 林正人調教師
    「4連勝は出来すぎのような感じです。圧倒的な人気だったので緊張しました。前走後はここ1本に目標を定め、文句なしの状態でした。川崎のマイルは連勝していますし、このコースは合っているようです。馬は精神面、肉体面ともに成長してきました。今後は、このままマイル路線を進みたいと考えています。初代チャンピオンというのはすごくうれしいです。」

東京スポーツ賞第1回川崎マイラーズ(SIII)・ダート1600m

着順 馬名(所属場) 性齢 負担重量 騎手 調教師 人気
1着 ノースダンデー(船橋) 牡4 55Kg 左海誠二 林正人 1番人気
2着 マンオブパーサー(船橋) 牡6 59Kg 戸崎圭太 川島正行 5番人気
3着 アートルマン(大井) 牡5 55Kg 的場文男 蛯名末五郎 4番人気

成績の詳細については、南関東4競馬場公式ウェブサイトをご覧ください

ページトップへ