重賞アーカイブス
ホーム > データ集 > 重賞アーカイブス > 東京中日スポーツ賞第12回クラウンカップ(SIII)(2009年4月15日)

東京中日スポーツ賞第12回クラウンカップ(SIII)(2009年4月15日)

1.1周目の直線 2.最後の直線 3.ゴール前
1.1周目の直線 2.最後の直線 3.ゴール前
4.口取りにて 5.表彰式後の記念撮影にて
4.口取りにて 5.表彰式後の記念撮影にて

※写真をクリックすると拡大します。

  • 1周目の直線
    今年で12回目を迎えた、東京ダービー(SI)トライアル・クラウンカップ。今年は川崎6頭、船橋4頭、大井4頭の計14頭が顔を揃えた。
    レースの主導権をとったのは単勝2番人気、北海道から転入2戦目のサプライズゲスト。
  • 最後の直線
    単勝1番人気のブルーヒーローは道中好位の内につけ、3コーナーから徐々にポジションを上げる。最後の直線では、3コーナーまで最後方待機の同きゅう馬・サイレントスタメンとの一騎打ちに。
  • ゴール前
    結果は、レースの上がり3ハロンを2.1秒上回る38.5秒という末脚を炸裂させたサイレントスタメンが差し切って優勝。
  • 口取りにて
    サイレントスタメンは3度目の重賞挑戦で初制覇、東京ダービーの優先出走権を獲得。足立勝久調教師はブルーローレンスに続き同レース2勝目、金子正彦騎手は初勝利。
    なお、サイレントスタメンの父は川崎記念を制したレギュラーメンバー。川崎が誇る歴史的名牝ロジータの血を引く馬による重賞制覇となった。
  • 表彰式後の記念撮影にて
    金子騎手の重賞勝利は、平成17年の桜花賞(G1)・ミライ以来4年ぶり

[関係者のコメント]

  • 金子正彦騎手
    思った通りの競馬ではありませんでしたが、馬の調子は良かったです。最後の直線は力が入りました。距離は長い方がいいと思うので、東京ダービーも頑張ります。重賞勝利は久しぶりなので嬉しいです。ありがとうございました。
  • 足立勝久調教師
    馬の状態は上向いていました。もう少し前でと考えていましたが、上がりを活かすことができれば何とかなると思いました。馬は丈夫でタフ。どんな調教もこなせるので、ここまで来ることができました。羽田盃組は強いですが、長く切れる脚を使えるので、東京ダービーでもいい勝負ができるよう、これからも頑張ります。

東京中日スポーツ賞第12回クラウンカップ(SIII)・ダート1600m

着順 馬名(所属場) 性齢 負担重量 騎手 調教師 人気
1着 サイレントスタメン(川崎) 牡3 55kg 金子正彦 足立勝久 6番人気
2着 ブルーヒーロー(川崎) 牡3 55kg 内田博幸 足立勝久 1番人気
3着 サプライズゲスト(船橋) 牡3 55kg 戸崎圭太 川島正行 2番人気

成績の詳細については、南関東4競馬場公式ウェブサイトをご覧ください

ページトップへ