重賞アーカイブス
ホーム > データ集 > 重賞アーカイブス > 農林水産大臣賞典第55回エンプレス杯(キヨフジ記念)(JpnII)(2009年2月25日)

農林水産大臣賞典第55回エンプレス杯(キヨフジ記念)(JpnII)(2009年2月25日)

1.1周目の直線 2.1周目のゴール手前 3.ゴール前
1.1周目の直線 2.1周目のゴール手前 3.ゴール前
4.口取りにて 5.表彰式後の記念撮影にて
4.口取りにて 5.表彰式後の記念撮影にて

※写真をクリックすると拡大します。

  • 1周目の直線
    エンプレス杯は国内唯一にして最高位のダートの牝馬限定JpnII。JRAから4頭、他地区から3頭を含む14頭が出走。なお、サブタイトル「キヨフジ記念」のキヨフジは、川崎が生んだ名牝。同馬は地元の開設記念(現・川崎記念)のみならず、JRAの優駿牝馬(オークス)も制している。
  • 1周目のゴール手前
    ダートグレード競走連勝中のヤマトマリオン、白毛初の重賞勝ち馬・ユキチャンが参戦したことでも話題を集めた一戦。それぞれ単勝1・2番人気に押されていた。
    しかしながら、前に行くと思われていたユキチャンがスタートで後手を踏む波乱の展開。
  • ゴール前
    2周目向正面では既にペースアップの激戦。直線を迎え、好スタートを決めたシスターエレキングが逃げ込みを図る。
    最後は外から迫ったニシノナースコールが差し切り、優勝。
  • 口取りにて
    ニシノナースコールは重賞初制覇。これが引退レースとなる予定。
    なお、全勝利を左回りであげている。
  • 表彰式後の記念撮影にて

[関係者コメント]

  • 吉田豊騎手
    いいポジションがとれたので、折り合いだけを気をつけて乗りました。尾形調教師から最後のレースと聞いていたので、悔いのないレースが出来たらと思っていました。本当にうまくいって嬉しいです。
  • 尾形充弘調教師
    (引退レースなので)とにかく無事に帰ってきてほしいとそれだけを願っていました。なかなか重賞を取れませんでしたが、最後のチャンスをものにしてくれて良かったです。

第55回エンプレス杯(JpnII)・ダート2100m(2009年2月25日)

着順 馬名(所属場) 性齢 負担重量 騎手 調教師 人気
1着 ニシノナースコール(JRA) 牝7 55kg 吉田豊 尾形充弘 3番人気
2着 シスターエレキング(船橋) 牝4 54kg 桑島孝春 出川龍一 6番人気
3着 ヤマトマリオン(JRA) 牝6 56kg 幸英明 安達昭夫 1番人気

成績の詳細については、南関東4競馬場公式ウェブサイトをご覧ください

ページトップへ